フィジー 5日目~6日目マロロ・アイランド・リゾート、ソフィテル フィジー リゾート&スパ(安い海外旅行編)

Pocket

 

1日目 13:35 関空発 15:25  ソウル・仁川着
     19:25  ソウル・仁川発 ナンディへ 機中泊
2日目 08:35  ナンディ着
      12:45  マロロ・アイランド・リゾートへ
      14:00着 マロロ・アイランド・リゾート泊
3日目 マロロ・アイランド・リゾート
4日目 マロロ・アイランド・リゾート
5日目 11:00  マロロ・アイランド・リゾート発 フェリー
      12:00 ナンディ着
      ソフィテル フィジー リゾート&スパ泊
6日目 09:55  ナンディ発 17:35 ソウル・仁川着
      19:15  ソウル・仁川発 20:55 関空着

今回は、5日目をレポートします。

5日目 お兄ちゃんとお別れの時

出発の朝、インストラクターのお兄さんと浜辺で話をしました。
兄ちゃんは、ラグビーの浜辺練習のコーチみたいなことをやっていました。
ちょっと寂しそうでした。

船出の40分前ぐらいに、船着き場に向かっていたら、綱引きをやってました。

もうすぐ船が来るというのに、呼び止められ「一緒にやろう!」と。

相手が子供だろうが容赦はしません。

最後は、「ニッポンから来たKatsumiさん!サンキュー」と拍手でお見送り!
「また、クリスマスに来てね!」
「オフコース!」(ゴメン、嘘ついて)

無邪気な子供たちと兄ちゃんと仲良くなれて、本当に名残惜しい!

行きの船と違って、ボートで大型船まで運んでくれます。

グッバイ! マロロアイランド( ;∀;)

ソフィテル フィジー リゾート&スパに到着

翌朝の出発まで1泊。
ナンディ・タウンは治安があまり良くなく最終日なので、追加料金を払って高級リゾートホテルに泊まりました。
デナラウ・アイランドの小さな島のリゾートです。
本島とは狭い水路で隔てられているだけで、車に乗ったまま橋を渡ってい機器ができるために、島という感覚はしません。
でも、それが重要な意味を持ちます。
通常デナラウに入るには1か所の入り口しかありません。
ナンディタウン側から小さな橋を渡った先に24時間警備員がチェックする唯一のゲートがあります。
ここの検問所を通らないとデナラウに入ることができない為、セキュリティが完璧に守られています。

ナンディ・タウンのタクシーには要注意!

ネット情報を見ると、ナンディ・タウンのタクシー運転手に、日本人はよくぼったくられます。
私も、「チップをくれと」と蛇行運転されて脅されました。
運転手がきゃしゃで、後部座席で優位だったので、「早くホテルへ行け!」と言い続けました。
さっきの検問所に来た途端、急におとなしくなりました。
できるだけホテルやレストランでタクシーを呼んでもらうか、ガイドに送迎してもらった方がいいです。

ソフィテル フィジー リゾート&スパには大満足

とてもきれいで、豪華なリゾートでした。

到着してすぐにランチです。
カフェバーのような所で、サンドイッチを食べました。

プールや木々がとてもきれいでした。

のんびり泳ぎました。

晩御飯は、隣のリゾート「ザ・ウェスティン」内にある日本食の浜町でした。
とてもおいしかったのですが、もう店じまいしてしまったので、割愛します。

この飛行機でフィジーを後にしました。
トランジットの仁川では、キムチのお土産を追加しました。

感想

本島に充実したフィジー マロロアイランドリゾート、ソフィテル フィジー リゾート&スパの滞在でした。
フィジー人って、とても人なつこくて、いいヤツばかりだと感じました。
本島は若干治安は悪いですが、その反面、離島は非常に治安は良いです。
不審者は検問を通過できないし、リゾート島に立ち入ってもすぐにばれる環境にあります。
また行きたい国の一つです。

フィジー マロロアイランドツアーは、下記 旅工房さんのサイトをご参照ください。
大阪や他の空港発の方も旅工房さんにご相談ください。

      

成田発《BULA!!笑顔と常夏の楽園フィジー》海が見えるオーシャンビュー指定◇緑豊かなトロピカルリゾート『マロロ・アイランドリゾート』3泊滞在6日間|157,800円~

ランキング参加中のため下記を押していただけると幸いです。
⬇︎

アバター

投稿者: katsumi

毎年、海外旅行に行っており、世界16カ国を回りました。 いろんな失敗も経験済みです。 タクシーで遠回りをされたり、チップをくれと蛇行運転されたりしたこともあります。 国によって注意点とか、常識、宗教、スマホ事情などが違います。 イスラム教の人達は、異性と肌が触れるのが駄目なのか、飛行機の席の交代をお願いされたことがありました。 事前に知って、準備をしていれば、きっと楽しい海外旅行になるでしょう。 海外旅行を通して外国のことを知ると、日本の本当の良さを知ることになります。 安く、楽しく、後悔しない海外旅行をしたい方、すでに海外旅行経験済みの方と情報交換したいです。 ここでの情報で、海外旅行へ行きたい、行って良かったという人が増えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。