モニュメントバレー&グランドキャニオン&アンテロープ1泊2日ツアー 安い海外旅行編

Pocket

ラスベガス2泊、モニュメントバレー1泊、ロサンゼルス2泊7日間のスケジュール

1日目
16:50 関西空港発
10:40   サンフランシスコ着  12:53  サンフランシスコ発
14:33    ラスベガス着 SLS Hotels Las Vegas泊
2日目
6:00    ラスベガス発
11:30 アリゾナ州ペイジ着
アンテロープキャニオン(トレイル)観光
ホースシューベンド トレイル散策
レイクパウエル、グレンキャニオンダム見学
昼食(中華バフェ)
14:30 モニュメントバレーへ向かう
モニュメントバレーで
ナハボ族が案内するジープツアー
17:30 モニュメントバレー近郊の街カイエンタ
ハンプトンイン泊
3日目
夜明け前 モニュメントバレー朝日鑑賞
ホテル朝食、チェックアウト
グランドキャニオンへ向かう
昼食(洋食バフェ)
世界遺産グランドキャニオン国立公園観光
15:00   グランドキャニオン出発
ルート66名残の街セリングマンにて休憩
18:00 アリゾナ州 キングマン小休憩
19:30 ラスベガス帰着 SLS Hotels Las Vegas泊
4日目
6:00 ラスベガス発  7:25 ロサンゼルス着
レンタカーにてロサンゼルス観光
カワダ ホテル泊
5日目
レンタカーにてロサンゼルス観光
カワダ ホテル泊
6日目
8:05 ロサンゼルス発
9:44 サンフランシスコ着 11:10 サンフランシスコ発
7日目
15:00 関西空港着

今回のアメリカ旅行の目的は、「グランドキャニオンに行ってみたい!」です。

旅工房さんのツアーで予約したのは、「ラスベガス3泊、ロサンゼルス2泊7日間・・・価格重視プラン:4つ星ホテルSLS ラスベガス&カワダ・ホテルに宿泊」です。
真ん中の2泊目は、モニュメントバレー&グランドキャニオン&アンテロープ1泊2日のオプショナルツアーに申し込んだので、ラスベガスの2泊目は放棄です。
今回は、パークツアーサービスの「モニュメントバレー&グランドキャニオン&アンテロープ1泊2日のツアー」を中心に記事にします。

宿泊ツアー人気ナンバーワン! モニュメントバレー&グランドキャニオン&アンテロープ1泊2日ツアー 販売希望価格:$790のところ ツアー料金 $535(お一人様)

モニュメントバレー&グランドキャニオン&アンテロープ1泊2日ツアー

1日目
6:00    ラスベガス発
今回のツアー参加者は、3組6名でした。
私達がお迎え最終でちょうど6時でした。
真っ暗な道路をどんどん進んでいきます。
アメリカのこと、何でもガイドしてくれます。

途中コンビニで休憩です。
軽食を食べたり、コーヒーを飲んだり、トイレに行ったりです。

途中ユタ州ハリケーンにて休憩

11:30 アリゾナ州ペイジ着
アンテロープキャニオン(トレイル)観光

ここから先は、専属ガイドと別れ、アンテロープキャニオン専属のアルバイトのガイドに引率してもらいます。
所要時間:約1時間。
アンテロープキャニオンの中へ。
冒険の始まりです。
現地スタッフが撮影スポットを的確に伝授してくれます。
素敵な写真がたくさんとれました。。
アルバイトのガイドは原住民の学生等、若い子がほとんどです。
結構暑い中、長時間(40分以上)階段前で待ちます。
中国人の団体がきちんと並ばず、大声で話し、うっとうしかったです。
ようやく順番が来たので、階段を下りていきます。
階段を下りている時は、写真を撮ってはいけないらしく、スタッフに怒られました。

幻想的でしょ。
こういう景色は、見たことがありません。

ホースシューベンド トレイル散策

人気急上昇中のホースシューベンド!
さらさらの砂の道、片道約1200mをトレイルを散策します。
その先には、想像を超える絶景が待っています。
みんな平然と立ってますが、あの岩の向こうは何百メートルもの谷底です。
滑って転んで落ちたら死んでしまいます。
私は高所恐怖症なので、とても行くことはできませんでした。

レイクパウエル、グレンキャニオンダム見学

アリゾナ州ペイジの町は、砂漠の中のオアシス的な場所で、ボートなどを楽しむ人たちで毎日にぎわっています。
とても美しい街です。

昼食(中華バフェ)

我々6名のグループとは別で、セドナに行く別コースの2名と合流しました。
その1組のガイドは、我々のガイドの上司の社長さんでした。
この中華の店のマスターとママとは、長年の知りあい、顔なじみとのことです。
味はおいしかったです。

14:30 モニュメントバレーへ向かう

モニュメントバレーでナハボ族が案内するジープツアー

もちろん、あとでチップは払います。

馬に乗って写真が3ドルです。

3ドル払って、記念に撮りました。
写真ではわかりませんが、馬小屋と馬の近辺は、糞がとても臭いです。
この岩は高いところにあり、とても怖かったです。
ここからは、インスタ映えすると言われたので、撮ってもらいました。
ベテランガイドさんならでは、お勧め写真!
どうもありがとうございました!


ジャンプすると、まるで山の上に立っているみたいとのことです。


手で岩を押しているように見えるらしいです。


17:30 モニュメントバレー近郊の街カイエンタ
ラグジュアリー★三ツ星★大手ホテルグループ・ヒルトン系列のハンプトンイン(Hampton Inn)泊

ナバホ族居留地内にあるモニュメントバレーふもとの町、カイエンタにハンプトンインはあります。
ヒルトングループなので、ホテル内はとても清潔で、あらゆるアメニティが揃っています。
窓の外はアメリカの原風景で、泊まり心地は最高です。

モニュメントバレーについて

グランドキャニオンの北東、ユタ州とアリゾナ州の州境付近にあります。
ここは、ナバホ族居留地内で、ナバホの人々が管理、運営するナバホの人々のための公園です。
ナバホ族の自治区なので、ナバホの国旗とおまけ程度のアメリカの国旗があります。
アメリカであってアメリカでないエリアです。
完全自治区なので、アメリカの法律は関係ありません。
このエリアにはアメリカの警察もパトカーも入ってきません。
警察も来ない無法地帯でもあるので、夜は決して独り歩きしないようにとのガイドさんのアドバイスでした。
夜は出歩けないということなので、隣にファーストフード店がありましたが、実費でホテルで夕食をとりました。
美味しかったです。

2日目
夜明け前 モニュメントバレー朝日鑑賞

日本のTV番組で「世界一美しい朝日」の大賞に選ばれた事があります。
夜明け前からモニュメントバレーへ行き、スタンバイします。
朝日が刻々とアメリカの原風景を赤く染めていく情景を楽しめます。
地平線付近にやや雲が多かったのと、撮影の腕の問題もありますが、世界一美しい朝日の写真です。
注意点として、以外に高地にあり、夜明け前は滅茶苦茶寒かったです。
カーデガンとかトレーナーなど、羽織るものを持って行った方が良いです。

ホテル朝食、チェックアウト
朝食は、ホテルの無料ビュッフェです。
これまた美味しくて、食べ放題です。

グランドキャニオンへ向かいます。

キャメロン到着

スーベニアショップで小休憩しました。
トイレに行ったり、お土産を買ったりです。


昼食(洋食バフェ)

この近辺は、あまりおいしいレストランは少ないということで、もすごく混んでいました。
もちろん美味しいビュッフェです。
昨日から、食べ放題ばかりでお腹が苦しくなりました。

実は、ガイドさんの配慮で、フレキシブルにスケジュール変更してくれています。
本来は、昨日の夕方のモニュメントバレーのジープツアーは、本当は翌日の朝でした。
昼食もグランドキャニオン観光の後でした。
ガイドさんが、皆の希望を聞いて、グランドキャニオン観光を時間たっぷりと楽しめるように変更してくれたんです。
なんと良いガイドさんでしょうか!
このツアー会社とツアーを選んで正解だったと思います。

世界遺産グランドキャニオン国立公園観光

全長446km、最大谷幅2800m、谷の深さ平均1600mの巨大な渓谷です。
年間500万人以上の観光客が世界中から訪れます。
デザートビューポイント、マーサポイント、ヤバパイポイント、ブライトエンジェルポイントなどを見学しました。
表入り口と裏入り口があり、私たちは裏入り口から公園内に入り、表入り口から帰りました。
最初の10分程大雨で、すぐやみましたが、少し霧がかかってます。
言葉にならない壮大な景色でした。
グランドキャニオンは、自殺者が多いことで有名だそうです。
しかし、こんな大自然を見たら、悩みなんか吹っ飛んで、自殺する気がなくなると思います。

グランドキャニオン・サウスリムの絶景ホテル「エル・トバーホテル」

1901年にサンタフェ鉄道がアリゾナ州のウィリアムスからグランドキャニオン・サウスリムまでの64マイルの鉄道を完成させて、その4年後の1905年にフレッドハーヴィー社が駅に隣接するこのエル・トバーホテルを開業させたのだそうです。
開業当時は、世界で一番高価なログハウスだったとの事。
開業から100年以上たっていますが、益々味が出て風格が漂うホテルになってます。
グランドキャニオンのサウスリムを見下ろせるロケーションは、世界の絶景ホテルランキングがあれば、間違いなくトップクラスです。
1975年9月30日から10月14日まで、日米交流史上初めて昭和天皇・皇后両陛下がアメリカを訪問された際に、このエルトバーホテルにも宿泊をされています。

ホテルには、正面玄関と裏玄関があって、下の写真は裏玄関の方です。

 

 

 

下の写真は正面玄関です。
昭和天皇・皇后両陛下が宿泊されたのは、屋根の向こう側の2階のスイートルームだそうです。
玄関を入って、右側と左側にお土産屋さんがあります。
グランドキャニオンのお土産屋さんは、ここしかないと思います。
ステッカーとキーホルダーを買いました。
別の場所にちょっと変わった建物があります。
ここもお土産屋さんです。

先ほどのホテルから階段を下りて行くと、駅があります。
列車の写真を撮らせてもらいました。
階段を昇ってくるたくさんの観光客とすれ違ったので、おそらく列車が着いた直後と思われます。

 

15:00   グランドキャニオン出発

ルート66の始点

またまた、ガイドさんの配慮で、ルート66のスタート地点に案内してもらいました。
ここから長いルート66が続いていきます。

下の白線の向こう側がルート66です。

ルート66名残の街セリングマンにて休憩

ルート66を愛する老若男女が、旅の休憩地として立ち寄ります。
本当に小さな町ですが、ディズニー映画「カーズ」の舞台にもなっているので、今や人気観光スポットになっています。
日本の芸能人も多数訪れていて、「エンジェルさんの土産屋」の店内の壁や天井に、所狭しとサインが写真が飾られています。
私が見た写真とサインは、中村雅俊さん、ジャニーズのヤマピーなど、多くの芸能人が来ていました。
散髪屋さんをしていた「エンジェルさん」が、セリングマンの町おこしをおこなったリーダーとのことです。
もう亡くなられたので、等身大パネルとして皆さん記念撮影しています。
亡くなられた後も、息子さんたちがお土産屋さんとして店を引き継いでいるらしいです。
私はこのお土産屋さんで、ニット帽とステッカーを買いました。
ニット帽が5ドルととても安かったです。
同ツアーのメンバーも、ここで5ドルのキャップを買ってました。
観光地だけど田舎町からでしょうか、とても安いお土産を買うことができます。

ガイドさんによると、ここのアイスクリームは、大変美味らしいです。
私達は、お腹が減っていなかったので、アイスクリームは買いませんでした。

上の写真の白のベレー帽をかぶっている人が、最高のガイドさんです。
このツアーに参加した人6名とも、とてもいい人達だったのもありますが、とても楽しかったです。
参加メンバーの内訳は、私たち二人、おばさんとその姪のおばさん、アメリカに単身赴任しているお父さんと日本から呼んだ高校生の息子さんです。
高校生以外は、よく海外に行かれる旅慣れた人たちばかりでした。
食事中におばさん達としゃべったのですが、
「このツアーは決して安くない。
それでも、価格以上の価値はあった。
このツアーに参加して良かった。
期待以上であった。」
まったく同感です。

18:00 アリゾナ州 キングマン小休憩

「モニュメントバレー&グランドキャニオン&アンテロープ1泊2日ツアー」は以上です。
もし、アメリカ(ラスベガス)に行くことがあれば、是非行かれることをお勧めします。

宿泊ツアー人気ナンバーワン! モニュメントバレー&グランドキャニオン&アンテロープ1泊2日ツアー 販売希望価格:$790のところ ツアー料金 $535(お一人様)

ランキング参加中のため下記を押していただけると幸いです。
⬇︎

投稿者: katsumi

毎年、海外旅行に行っており、世界16カ国を回りました。 いろんな失敗も経験済みです。 タクシーで遠回りをされたり、チップをくれと蛇行運転されたりしたこともあります。 国によって注意点とか、常識、宗教、スマホ事情などが違います。 イスラム教の人達は、異性と肌が触れるのが駄目なのか、飛行機の席の交代をお願いされたことがありました。 事前に知って、準備をしていれば、きっと楽しい海外旅行になるでしょう。 海外旅行を通して外国のことを知ると、日本の本当の良さを知ることになります。 安く、楽しく、後悔しない海外旅行をしたい方、すでに海外旅行経験済みの方と情報交換したいです。 ここでの情報で、海外旅行へ行きたい、行って良かったという人が増えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。