南イタリアのファヴィニャーナ島とシチリアの海と料理は最高!その3

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

前回は、ファヴィニャーナ島2日目のレンタルサイクルによる島巡りを綴ってまいりました。
今回は、2日目の夜からを綴ります。   

ファヴィニャーナ島のお土産は
ツナ缶(Lattina di tonno)!

ファヴィニャーナはマグロ漁がさかんだったところで、お土産といえば「ツナ缶」です。 
日本のツナ缶と比べて、味が濃くておいしいです。
缶もデカイですが・・・。
白肉と赤肉があります。
18ユーロ、20ユーロ、22ユーロの3種類ありました。
18ユーロ2個と20ユーロ2個を買いました。
写真は18ユーロで自分用です。
残り3缶は、知人にあげました。
値段から想像すると、18ユーロが赤肉、20ユーロが白肉、22ユーロが中トロかなと思われます。
日本のツナ缶とは、使ってるオリーブオイルとか全く違い、量が日本の4倍以上はあるかと思います。
2回に分けて食べました。
もう少し、小さいサイズも売っていたので、そちらの方が安くて食べやすいサイズだったかもしれません。

ツナの缶詰といえば、やはり魚屋さんで売っているのが良いかなと思い、魚屋さんへ行きました。
店の前でぼーっと座っているのが魚屋の息子で、少し英語を話せます。
どうも閉店間際のようです。
英語で「すいませーん。もう閉店ですか?」聞きながらドアを開けて入って行きました。
魚屋の親父さんはほとんど英語は話せませんが、意味はわかったようで、暇そうな息子もしゃしゃり出てきました。
ここからは、イタリア語で「Lattina di tonno」と連呼して、あとは英語で「ハウマッチ」と「2(ツー)プリーズ」で通用しました。
翌朝、お土産屋さんの前を通ったら、もっとおしゃれ綺麗な小ぶりの缶や瓶で、いかにもお土産用らしいツナ缶が陳列されてました。
お土産屋さんと魚屋さんと両方見て、比較してから買った方が良いかもしれません。
でも魚屋さんで買ったツナ缶は、大きくて美味しかったので後悔はしてません。

下の写真は、次の日の朝、わかりやすいように正面から撮りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

老若男女が入り乱れての「サタデーナイトフィーバー」だ!

若い人はご存知ないかもしれないが、1977年にジョントラボルタ主演の「サタデーナイトフィーバー」という映画が大ヒットし、「トラボルタ」の風貌や決めポーズ、映画に使われたディスコ・ミュージックが世界的に人気になり、ディスコ文化を取り巻くファッションやサブカルチャーが世界の若者文化に大きな影響を与えた。
日本ではこの映画の影響でディスコ・ダンスで踊り、熱狂することを指す「フィーバーする」という言葉(和製英語)が生まれた。

今宵は同じくサタデーナイト!
ダンスして恥ずかしがる可愛い子供からちょいワルじいさんまで、老若男女が入り乱れ、心底からダンスや会話、お酒を楽しんでる姿がおわかりいただけると思う。

残念ながら、この夜のこの街でアジア人は私一人だけでした。



2晩続けてPakkaroでディナーを!

昨晩に引き続き、ディナーはPakkaroです。
昨晩は、運よく行列ができる前に空いてる席に座れました。
今日も混むだろうと予想して、昨日より30分早い8時ごろに行ったら1席だけちょうど空いていました。
ここに座っていいか確認してから、まだ片付けの終わってないテーブルに座りました。
今日も運よく並ばずに座れました。
英語が話せるバイトのお兄さんが注文を聞きにきました。
ここでコミュニケーションがうまく取れず、下記のようなことになってしまいました。

・昨日、隣の席で食べていておいそうだった分厚い「ビーフステーキ」と「タコのガーリック炒め」を注文しました。
「ビーフステーキ」はないとのこと。
しばらくの間、「私は昨日見たぞ」などやりとりしましたが、私の間違いでした。
ホテルに帰って気づいたのですが、昨日私が見たのは「ビーフステーキ」そっくりの「マグロステーキ」だったようです。
(お兄さん、ごめんなさい。)

・「レッドワイン」と注文したのに、昨日と同じ「ホワイトワイン」が出てきました。
(ホワイトワインは、とても美味しかったので許してあげます。)

猫ちゃんが、お客さんの食事の光景をじーっと見つめています。
(エサはあげませんよ!)

「ビーフステーキ」の一悶着があったためか、右の野菜のオリーブオイル炒めはサービスでつけてくれました。
「タコのガーリック炒め」もガーリックとオリーブオイルがちょうど良い感じで絶品でした。

満席状態のところ、10組25名以上のお客さんが来たのですが、愛想の良いお母さん達も忙しすぎて、待ってるお客の相手をしない状態が続きました。
お客さんの順番間違いもしてしまったようで、機嫌を損ねたお客さんや何時間も待つ状態を察して、並んでるお客さんの半分ほどが諦めて帰って行きました。
英語を話す若い女性グループのリーダーが、「いつ頃食べれそう」かバイトのお兄さんにたずねてました。
バイトのお兄さんは、「明日であれば大丈夫ですよ」??
おい、バイトのお兄さんよ! みんな、今晩のディナーのために並んでるんだぞ!
明日でいいんだったら、名前と時間を言って予約して帰るわ!
私が食事を終えて30分ほど散歩して前を通ったら、この女性グループは無事テーブルに座っていました。
昨日、とても愛想の良かったお母さんは、理由はわからないが超不機嫌で、下げた食器を置く台にお皿をポンっと投げつけ、「やってられんわー」というようなイタリア語を言ってました。
お客からクレームを言われたのか、要領の悪すぎるバイトのお兄さんに腹が立ったのか、調理担当のお父さんに対して遅すぎると苛立ったのか?
お母さん、機嫌なおしてお店を続けてください。
バイトを入れて3人でこの大人気の店を回すのは無理はあるけど、とても美味しい料理をありがとう!
また、来たいレストランでした。

他においそうな店 Paninoteca Costanza

イタリアンばかり食べていたので、和食ではないですが日本でも食べていたハンバーガーが食べたくなりました。
そんな時見つけたお店がPaninoteca Costanza
食べてないので味はコメントしません。

Pakkaro(姉妹店?)

先ほどのお店は、URLで地図だけ確認しておいてください。
街をぶらぶらしてたら、Pakkaroの姉妹店?らしきお店を見つけました。
その場所が、先ほどのPaninoteca Costanzaの左隣に店を構えています。
この姉妹店?は、ネット検索しても出てきませんので、Paninoteca Costanzaの左隣と覚えておいてください。
本店?より綺麗で広いお店です。
混んではいましたが、並ぶほどではないようです。
本店?とどういう関係かはわかりませんが、本店?と同じ看板がかかってました。
本店?が行列の場合は、ここで食べるのも良いかもしれません。
行列ができないということは、本店?より味が落ちるのかもしれません。

本格的な窯焼きピザ Pizza Napule

イタリアでは窯焼きピザはそれほど珍しくないかもしれません。
入り口から中をのぞいたら、窯でピザを焼いていました。
広いテラスにお客さんがいっぱいで、2晩連続で見ましたが満席状態でした。
この日はテーブルが1つだけ空いていました。
行ってみればわかりますが、店は街の外れで人通りの少ない場所です。
こんな人通りの少ない場所で、これだけ人気があるのは、きっと美味しいのでしょう。
私が店を選ぶ基準は、信頼できる人が食べて美味しいと言っていたか、地元の人達が多く来店しているかです。
Pakkaroが行列の時、ピザが食べたい時は、選択肢に入れても良いのではないでしょうか。
下記URLが店のfacebookです。
Pizza Napule

次回、ファヴィニャーナ島3日目の朝へと続きます。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

アバター

投稿者: katsumi

毎年、海外旅行に行っており、世界17カ国を回りました。 いろんな失敗も経験済みです。 タクシーで遠回りをされたり、チップをくれと蛇行運転されたりしたこともあります。 国によって注意点とか、常識、宗教、スマホ事情などが違います。 イスラム教の人達は、異性と肌が触れるのが駄目なのか、飛行機の席の交代をお願いされたことがありました。 事前に知って、準備をしていれば、きっと楽しい海外旅行になるでしょう。 海外旅行を通して外国のことを知ると、日本の本当の良さを知ることになります。 安く、楽しく、後悔しない海外旅行をしたい方、すでに海外旅行経験済みの方と情報交換したいです。 ここでの情報で、海外旅行へ行きたい、行って良かったという人が増えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。