安い海外旅行 フィリピン セブ島 モアルボアルでウミガメ、ジンベイザメと泳ごう!その1

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

1日目
15:25 関西空港発
19:10    セブ・マクタン空港着
19:20    ホテルの送迎車にて 途中ATMでペソをキャッシング、トイレ休憩3回
23:15 マルコサス コテージ リゾート着
2日目
スノーケリング
3日目
4:00 ジンベイザメウォッチングツアー
スノーケリング
4日目
3:30 ホテルの送迎車にてセブ空港へ
5:50 セブ・マクタン空港着
9:15 セブ・マクタン空港発
14:25 関西空港着

出発当日!

15:25関西空港発なので、2時間前の13:30頃までにチェックインを済ませます。

今回、荷物関係で最後まで迷ったのが、スノーケリングセットを大型スーツケースに入れるか、スノーケリングセットは現地で借りてスーツケースは機内持ち込みにするかです。
結局、スノーケリングセットは現地で借りることにして、スーツケースは機内持ち込みサイズにしました。
ペソへの両替は、現地ATMでキャッシングするのは決めています。
ただ、それまで現地通貨0というのは不安です。
1,000ペソだけ空港で両替しました。
チェックインを済ませると、14:50にゲートへ来るようにとのことでした。
保安検査を通過して、時間までに昼食をとりました。
あとで気付いたのですが、機内食が出ることを忘れていました。
離陸の1時間半後ぐらいに機内食が出てきて、食べきる自信はなかったですが、完食です。
結局、翌日朝まで食べることができなかったので、食べていて良かったです。

機内食は和食の生姜焼き定食!

機内食は、フィリピン料理と和食の2種類で、和食の場合は生姜焼き定食です。
米が日本米ではないので、美味しくはありません。

セブ・マクタン空港に到着!

飛行機はかなり揺れました。
無事、到着です。
預け荷物はないため、みんなより早く出口に向かいます。

モアルボアル パナグサマビーチの行き方

モアルボアル パナグサマビーチへの行き方は、3通りです。
①タクシー、バス、トライシクルと乗り継いで行く
②タクシーで行く
③ホテルの送迎サービスを利用する

①タクシー、バス、トライシクルと乗り継いで行く

マクタン空港からサウスバスターミナルまで、タクシーで1時間程度かかります。
料金は恐らく日本円で1,000円かからない位でしょうか。
サウスバスターミナルからモアルボアルまで116PHP(約313円)がエアコン付き、107PHP(約288円)エアコンなしです。
結構な渋滞があるので到着までは2時間半程度必要。
モアルボアルからバイクタクシーかトライシクルの外国人価格は現地の人よりも高め(80~150PHP)に設定されています。
モアルボアルでバスを降りたらバイクタクシーやトライシクルの客引きが物凄い勢いで寄ってきます。
トライシクルでモアルボアルからパナグサマビーチまで約10分程度です。

②タクシーで行く

2時間30分から3時間ほどで行けます。(渋滞でない時)
片道3000ペソ(約6400円)ほどで行けます。
同じタクシーに片道だけでなく、往復分をお願いすれば、2000ペソ(約4300円)から2500ペソ(約5400円)で引き受けてくれる場合もあります。
日帰りでなく、1泊する場合でも往復引き受けてくれるドライバーが多いです。

・注意ポイント
ただ、女性同士で、空港や流しのタクシーを捕まえて、交渉して、タクシーでモアルボアルへ行く事は、あまりおすすめしません。
タクシーは非常に楽です。
タクシーのマナーも大分改善されてはいます。
しかし、まだ希ではありますが、トラブルになることもある様です。
モアルボアルまでの長い道中で、恐喝やトイレ休憩中の置き引きなどにあう事がある様です。

③ホテルの送迎サービスを利用する

私が利用したホテルの送迎サービスは、おすすめです。
安全で、トイレ、喫煙休憩、ショップでドリンク購入、食事休憩まで依頼でき、自由度があり楽です
到着が押し便で、ホテル着が23:15でも、帰り便のピックアップ時間が深夜の3:30で24時間対応してくれます。
片道2900ペソ(約6200円)、往復で5800ペソ(約12500円)ほどで行けます。
私の宿泊したマルコサス コテージ リゾートの料金ですが、隣のクオ バディス ダイブ リゾートでも同じ料金のようです。
今回は、私一人の料金ですが、おそらく2人以上だと人数で割ることになると思います。
タクシー料金と変わらないので、夜着、深夜出発の場合は、他の選択肢はないのではないのでしょうか。
もし、スキューバーダイビングをする場合はダイバーズショップの送迎バン、ジンベイザメツアーなどに行く場合はツアーで行くという方法もあります。

マクタン空港からホテルまで

マクタン空港に着いて出口に行くと、たくさんのお迎えの人の中に、私の名前を書いた紙を持った運転手が待っていました。
ホテル送迎の運転手に挨拶をして、「ホテルに向かう前に、空港のATMでキャッシングしたい」と伝えました。
ATMの場所を知らないのか、遠い場所なのか、運転手は困惑した顔をしていました。
運転手は、「途中でATMのあるところに寄るから、出発しよう」と言ってきました。
今すぐキャッシングする必要もないので、了承して出発しました。
世間話をしながら、渋滞の中を走っていきます。
運転手によると、ウィークエンド(金曜、土曜)の夜は、非常に混むようです。
まさに、当日は金曜日の最も混む時間帯で、早くこの渋滞を回避したくて、出発を急いでいたのでしょうか。
少し渋滞がましになって、運転手が銀行のATMに案内するが、パーキング代が50ペソかかるが構わないかとのこと。
仕方ないのでOKし、大きなショッピングセンターへ入って、銀行前のパーキングに停めました。
運転手にATMの場所を聞いて、キャッシングに行きました。
ATMの入り口で運転手は、「今お金をおろしているのは、俺のお客さんだ。」的な感じで、ガードマンがわりになっていたようでした。
パーキング代金は、15分以内のため無料でした。
その後、休憩を2回とりました。
モアルボアルのホテルまであと30分というところで、運転手がお腹が減った、急いで食べるから、少し食事休憩を取らせて欲しいと頼まれました。
遠いところから空港まで迎えにきて、そこから3時間ほど運転している彼のことを思いOKしました。
ちなみに送迎していただいた車は、下記のトヨタのミニバンです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マルコサス コテージ リゾート着

23:15頃、ホテル着です。
運転手には、休憩中にタバコを1本あげましたが、着いてからもう1本欲しいと言われたのであげました。
ホテルの入り口からは、警備係がスーツケースを持って部屋まで案内してくれました。

マルコサス コテージ リゾート 写真


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツインベッド+補助ベッドの部屋で、一人にしては広すぎた。
部屋は綺麗でした。

運転手の話によると、11時台でも近隣のレストランは空いているとの話であった。
外へ出て暗闇を3〜4分歩いて探したが、店らしきものは見当たらなかった。
少し寝れば朝食を食べれるので、疲れもあり眠ることにしました。

これにて旅行記1日目を終了します。


次回は、2日目からの旅行記を投稿します。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

アバター

投稿者: katsumi

毎年、海外旅行に行っており、世界17カ国を回りました。 いろんな失敗も経験済みです。 タクシーで遠回りをされたり、チップをくれと蛇行運転されたりしたこともあります。 国によって注意点とか、常識、宗教、スマホ事情などが違います。 イスラム教の人達は、異性と肌が触れるのが駄目なのか、飛行機の席の交代をお願いされたことがありました。 事前に知って、準備をしていれば、きっと楽しい海外旅行になるでしょう。 海外旅行を通して外国のことを知ると、日本の本当の良さを知ることになります。 安く、楽しく、後悔しない海外旅行をしたい方、すでに海外旅行経験済みの方と情報交換したいです。 ここでの情報で、海外旅行へ行きたい、行って良かったという人が増えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。