安い海外旅行 ラスベガス 4つ星ホテル「SLSラスベガス」に宿泊

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

1日目 16:50 関西空港発
10:40   サンフランシスコ着  12:53  サンフランシスコ発
14:33    ラスベガス着 SLS Hotels Las Vegas泊
2日目  6:00    ラスベガス発
11:30 アリゾナ州ペイジ着
アンテロープキャニオン(トレイル)観光
ホースシューベンド トレイル散策
レイクパウエル、グレンキャニオンダム見学
昼食(中華バフェ)
14:30 モニュメントバレーへ向かう
モニュメントバレーで
ナハボ族が案内するジープツアー
17:30 モニュメントバレー近郊の街カイエンタ
ハンプトンイン泊
3日目 夜明け前 モニュメントバレー朝日鑑賞
ホテル朝食、チェックアウト
グランドキャニオンへ向かう
昼食(洋食バフェ)
世界遺産グランドキャニオン国立公園観光
15:00   グランドキャニオン出発
ルート66名残の街セリングマンにて休憩
18:00 アリゾナ州 キングマン小休憩
19:30 ラスベガス帰着 SLS Hotels Las Vegas泊
4日目     6:00 ラスベガス発  7:25 ロサンゼルス着
レンタカーにてロサンゼルス観光
カワダ ホテル泊
5日目   レンタカーにてロサンゼルス観光
カワダ ホテル泊
6日目    8:05 ロサンゼルス発
9:44 サンフランシスコ着 11:10 サンフランシスコ発
7日目  15:00 関西空港着

今回のアメリカ旅行の目的は、「グランドキャニオンに行ってみたい!」です。
なので、ラスベガスはどうでもよく、ロサンゼルスはアメリカの映画やドラマによく出てくるので、ついでに見ておこうぐらいの計画で行きました。
ラスベガスにせっかく来たのですが、晩御飯とホテルで寝ただけです。
もったいないとお思いでしょうが、アンテロープキャニオンとグランドキャニオンがあまりにも素晴らしかったので、充分満足できました。
今回は、1日目のラスベガス泊、2日目朝6時前の出発までを記事にしました。

ラスベガスってどんな街

では、皆さんはアメリカ・ラスベガスと聞くと、どんなイメージがありますでしょうか?
カジノのイメージが強く、お金とギャングにまみれ、「危険」「怖い」「だまされる」など、そんなネガティブなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。
でもそんなラスベガス、実は「アメリカで1番安全な都市だ」と言う人もいるほど、最近は治安が良くなり、24時間街は賑やか、夜中でも女性や子ども連れが安心して楽しめる場所になっています。
私は夜中まで遊んでいませんが、施設内は非常に安全だと感じました。
理由は、カジノは大金を持った人達がやってくる街です。
カジノやホテルの入り口では、いかつい警備員がにらみを利かせ、とても不審者が入れるような雰囲気ではないです。
「俺は宿泊客だぞ、不審者のような目つきで見るな!」と言いたかったのですが、部屋のカードキーなどを見せると、目をそらしました。
「こんばんは」とか「いらっしゃいませ」とか言えと思ったのですが、治安の為なので仕方ない。
ちなみに、あのトランプ大統領がオーナーのきらびやかな高級ホテルもあります。
観光客が主に歩くエリアは、フォーコーナー、新フォーコーナー、ストリップ北、ダウンタウンの4つに分けられます。
治安は良いとは言ったが、悪いエリアは2か所ある。
ダウンタウンは、ちょっと裏道に入ると治安の良くないところもあります。夜はフリーモントストリートなど明るくきれいな道だけを歩くように気を付けてください。
もう1か所は、私たちの泊まったSLS ラスベガスなどの高級ホテルのあるストリップ北エリアの北の端です。
ストラスフィアからダウンタウンの間は、日中は問題ないが、Las Vegas BLvd.をはずれると人通りも少ない為、歩く時間帯に気を付けてください。

ラスベガスで泊まったホテルは


旅工房さんのツアーで予約したのは、「ラスベガス3泊、ロサンゼルス2泊7日間・・・価格重視プラン:4つ星ホテルSLS ラスベガス&カワダ・ホテルに宿泊」です。
SLS ラスベガスは、2016年12月に開業した新しいホテルで、とてもきれいでした。
今現在は、4つ星ホテルSLS ラスベガスから老舗ホテル サーカス・サーカスのツアーに変更されてます。
追加料金で4つ星ホテルSLS ラスベガスにしては可能と思います。
実は、真ん中の2泊目は、モニュメントバレー&グランドキャニオン&アンテロープ1泊2日のオプショナルツアーに申し込んだので、2泊目は放棄です。
旅工房さんに、2泊目キャンセルしたら、1泊分の宿泊費を安くしてほしいと頼みました。
すると答えは、3連泊を条件に安くしてもらっているため、2泊に減らしても料金は同じとのことです。
安いツアーなので仕方ないです。
大自然ツアーは、小型スーツケースは1つまでという荷物制限などがあったため、フロントに他のスーツケースを預けて、ツアーに出発すればよいかを相談しました。
すると答えは、「チェックアウトしたと間違われる可能性がある為、寝ています、掃除は結構ですのプレートを付けて、出発した方が良い」とのこと。
そのとおり実施して、問題ありませんでした。
他のアドバイスとしては、ツアーから戻ってきたら、新しいタオルを部屋までもってきてもらったら問題ないとのこと。
チップは払いましたが、アドバイス通りにタオルを頼みました。

ラスベガス着からホテルで眠るまで

ラスベガスの空港に着いて、ホテルへ向かいます。

事前調査では、SLS ラスベガスまでモノレール駅のすぐそばなので便利とあったので、モノレール駅を探しましたが、わかりませんでした。
空港の清掃スタッフに、モノレール駅はどこかをたずねました。
彼は、ホテルまで行くんだったら、断然タクシーが便利だとのこと。
タクシーを捕まえて、ホテルまで行ってもらいました。
相場は30ドルぐらいと聞いていたのだが、50ドルの請求でした。
どうも印象として、渋滞もあったのですが遠回りされたような感じです。
帰りにホテル玄関前のタクシーに乗ったら、約半額の25ドルぐらいでした。
しかも、ホテルフロントとカジノ入り口と2つ玄関があるのですが、カジノ側で降ろされました。
地図を見ながら、ホテルフロントに行くまでにずいぶん時間がかかりました。
きちんとメーターを倒しての正規料金ではあるのですが、運悪く悪い運転手にあたったようです。
空港でも端の方のメインでないタクシー乗り場から乗ったのが原因かもしれませんが、もし行かれることがあればお気を付けください。
ホテルに待機しているタクシー、レストランに呼んでもらうタクシーは、非常に信頼がおけます。
ホテルの近くに、ドラッグストアがありました。
海外旅行に行ったらいつもですが、ミネラルウォーターを買います。
あと、翌日の朝食用にサンドイッチなどを買いました。
部屋に戻って、夕食に出かける用意をしました。
メイン通りからあまり離れると、夜は治安が悪いとか、手っ取り早く施設内のレストランで済ませることにしました。
長時間飛行機に乗ったのと、朝6時という早い時間にオプショナルツアーの迎えが来るというのもありました。
ホテル内には、ステーキレストラン、すしなどの和食レストラン、Umami Buger、イタリアンレストラン、中華レストランなど7店舗もありました。
寿司にしようと思ったのですが、値段が想像以上に高かったです。
表にある値段と、どの店が人気があっておいしそうかなどを考え、中華レストランNorthside Café & Chinese Kitchenにしました。
どれも美味しかったです。
高級ホテルのテナントとは思えないリーズナブルな価格でした。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、ボリューム満点でお腹いっぱいになりました。
上記理由で人気があるのはわかるのですが、スタッフの人数が少なすぎです。
なかなか注文を聞きに来てくれませんし、注文してからの料理が届くまでの時間が長かったです。
混んでない時はお勧めです。

翌朝は、早朝の6時に「モニュメントバレー&グランドキャニオン&アンテロープ1泊2日のオプショナルツアー」の迎が来ます。
出発準備をし、荷物をまとめ、大きい方のスーツケースに余分な荷物をまとめ、「起こさないでください」プレートをかけ、シャワーを浴びて眠りにつきました。
次回は、メインのオプショナルツアーについて書きます。

アバター

投稿者: katsumi

毎年、海外旅行に行っており、世界17カ国を回りました。 いろんな失敗も経験済みです。 タクシーで遠回りをされたり、チップをくれと蛇行運転されたりしたこともあります。 国によって注意点とか、常識、宗教、スマホ事情などが違います。 イスラム教の人達は、異性と肌が触れるのが駄目なのか、飛行機の席の交代をお願いされたことがありました。 事前に知って、準備をしていれば、きっと楽しい海外旅行になるでしょう。 海外旅行を通して外国のことを知ると、日本の本当の良さを知ることになります。 安く、楽しく、後悔しない海外旅行をしたい方、すでに海外旅行経験済みの方と情報交換したいです。 ここでの情報で、海外旅行へ行きたい、行って良かったという人が増えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。