海外旅行が安いのはパッケージツアーかホテル、航空券個人手配か その2

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

前回、下記の「パッケージツアーとは」「個人手配とは」「航空券」の安いサイト、裏技を紹介しました。

パッケージツアーとは

個人手配とは

航空券

今回は、「個人手配とは」「航空券」の続きで「ホテル」からです。

ホテル

航空券に次いで2番目にかかる費用が宿泊代です。
ホテル代を節約するのも、海外旅行を安くするコツです。
ホテルに関しては、本当に宿泊したいホテルによります。
そのため泊まりたいホテルが、どのサイトを強化しているのか、特化して売り出しているのか、調べる必要があるってことがコツです。 海外旅行を安くするために一番時間をかけた方が良い部分です。 どれが良いと言うよりはとりあえず全部調べて一番安いものを予約しましょう。

エクスペディア

エクスペディアがホテルの価格の安いものがあることが一番多い印象です。
そのため、こちらは絶対に外さないようにしましょう。
飛行機とセットだと破格になる割引セールもあるので、ホテルをエクスペディアで予約するなら、航空券もセットで見てみましょう。
ツインベッドやダブルベッド、朝食の有無やエキストラベッドの有無などもしっかり調べられますが、予約ページが見にくいので、予約しづらいのがちょっとマイナスポイントです。
現地払いか日本払いかやキャンセル料の発生期日は必ずチェックしましょう。   

Agoda.com

アジアの太平洋地域を中心に展開を広げている、予約サイトです。世界最大のオンライン旅行会社、米国の『プライスライン』グループの一つで、シンガポールに本社を置いている予約サイトです。
他の予約サイトに比べて、低価格で驚くような金額でホテルに泊まることができます。
使い方も分かりやすく、豊富なレビュー数が魅力と言えます。
ホテルの掲載数は世界中に約75万軒あります。
会員登録をすると、予約時に入力する手間も省けるし、ポイント制度もあるので有効に活用できるのも魅力です。
アゴダは特にアジアのホテルに強いので、アジア圏への旅行ならアゴダがおすすめです。

オプショナルツアー

オプショナルツアーを利用するかどうかは、場所にもよります。
基準としては、

  1. 【労力と時間の削減】何度もバスや電車の乗り換えが必要なとき(事前に乗り場、移動経路を調べる+現地でも探す労力、時間が必要)
  2. 【現地での効率化】目的地が複数あるとき
  3. 【現地での効率化】チケットの購入や入場が必要なとき(並ばなくて済む)
  4. 【付加価値】歴史や文化の説明が聞きたいとき(面白さ倍増)

の4つです。

これが当てはまれば、オプショナルツアーに申し込みます。
結局、人件費がかさんでしまうので、普通に自分で公共交通機関を使う方が安い場合もあります。
もし、オプショナルツアーを利用するのであれば、

・英語ツアーに参加する
・現地で申し込みする

方が安いです。
具体的には、①ホテルのツアーデスクを使う ②現地のチラシなどから探す
です。

でも、英語ではなく日本語の説明が必要な場合が多々あります。
そんな時は、VELTRAやタビナカ などが海外オプショナルツアー予約サービスとしては有名です。
下記2社を検索して、安い方をお選びください。

VELTRA

VELTRAは、14,000種類以上の海外オプショナルツアーを予約できる現地ツアー専門サイトです。 観光ツアー、世界遺産観光、マリンスポーツ、ダイビング、ゴルフ、スパ・エステ、ディナークルーズ、ショーエンターテインメントなど海外現地で参加可能な幅広いジャンルが充実しております!

1.サイトの見やすさ、使いやすさ
とても見やすくて、使い勝手が良い。

2.ポイント制度
利用都度、ポイント加算されて次回利用時に割引が可能(貯めることもできる)

3.評価制度
実際に利用したあと、クチコミの投稿が出来る。
また、利用前にクチコミを確認しておくと、心構えが出来るので過度な期待をせずに済んだり、納得して利用できる。

4.モニターツアー
2名参加で1名分の料金無料!」という商品がある。
抽選など倍率の高いツアーではなく、タイミングさえあえばごく普通に申し込める。

5.大きな割引商品
複数の商品を利用したら、こちらが無料になるよ、というキャンペーンもある。
たとえば、「対象のツアーを申し込むと、Wi-Fiルーターが無料」などです。

タビナカ

フィリピン/セブ島、インドネシア/バリ島、ベトナム/ダナン、メキシコ/カンクン、台湾/台北は、得意とする地域なのでタビナカ よりお探しください。

1.全てのツアーが日本語ガイド対応
予約から当日まで日本語ガイドが対応。
面倒な手続きや外国語のやり取りが不要なため、
外国語が苦手な方でも現地ツアーに参加できます。

2.事前アレンジ可能
ツアーによっては、立ち寄り場所やお時間のアレンジもできます。
他では味わうことのできない、オリジナルな旅をつくることができます。

3.定番から穴場まで、豊富なツアー数
ずっと行きたかったあの場所から、見た事もない絶景まで。
タビナカでは、現地在住の人だから知っている様々なツアーを気軽に体験することができます。

最も安い海外旅行の外貨両替方法

セディナカードかセディナカードJIYU!DA!で海外ATMよりキャッシングするのが、最も安くお勧めです。
セディナカードなら、手数料すべてを安くできます。
詳細は、下記記事をご参照ください。

最も安い海外旅行の外貨両替方法

安い海外旅行 フィリピン セブ島モアルボアルでウミガメ、ジンベイザメと泳ごう!準備編

海外旅行保険を安くする方法

高額ではありませんが海外旅行保険はクレジットカードについている保険でカバーすることができます。

すでにクレジットカードを持っている場合は、そのカードの旅行保険でOKですが保険が自動付帯か利用付帯かについては、チェックが必要です。
また、高齢者を除けば、治療費用が500万円以上、救援費用が300万円以上あれば、ほとんどのケースを十分カバーできると考えてもいいです。
そしてこの金額であれば、1枚のクレジットカードですべてを賄うのは難しいですが、複数のクレジットカードを保有すれば十分に補償できます。
アメリカ(ハワイ含む)はカード4枚、ヨーロッパは3枚、アジアは2枚といったところが目安です。
※ニューヨークで、急性虫垂炎で入院し、手術後腹膜炎を併発して8日入院したケースで7万ドル(約783万円)の治療費が請求された事例があります。

「疾病傷害費用」の保険金額の高いクレジットカードや詳細に次いては、下記サイトをご参照ください。

安い海外旅行には海外旅行保険付帯付クレジットカードで節約!

今回の「安い海外旅行へ行くには その1」「安い海外旅行へ行くには その2」は以上です。
ぜひ、海外旅行の費用を節約するために役立てください。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

海外旅行が安いのはパッケージツアーかホテル、航空券個人手配か その1

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

海外旅行に行くには、旅行会社の主催するパッケージツアーに参加する方法と、個人手配する方法の2種類があります。
コストは場合によるが、遠距離であるほどパッケージツアーを利用するほうが安く抑えられることが多いです。
アジア近辺は個人で航空券とホテルを手配しても安く抑えられる場合が多いです。
LCCをはじめ就航キャリアの本数も多く、価格競争も盛んなためです。
一方、ヨーロッパやアメリカ、ハワイといった遠距離の場合にはキャリア数も減り、燃油サーチャージなどで別途費用が発生する事も多いです。
個人手配とツアーどちらが安いという議論は絶えずありますが、ツアーが安いこともあります。
旅行会社にはホテルと航空会社と両方との繋がりがあります。
両者とのやり取りのすえ、通常個人手配では手にできない価格で商品を売る事ができる場合があります。
よい旅行をする最大のコツは旅における優先順位を決めて、それにあった手段を採用すると良いでしょう。

パッケージツアーとは

日程があらかじめ決められていて、航空券やホテルなどが全部セットになってるものをパッケージツアーと言います。
昔はツアーというと「旗を持った添乗員が同行して観光地を回る」なんてイメージが強かったけど、最近は「往復航空券とホテルだけが付いていてあとは自由行動」というフリープランが多いです。
ハワイやグアムなどのようにホテルと観光地が分散しているような渡航先に行かれるのであれば、送迎付きのパッケージツアーが便利です。
送迎以外の交通手段が困難な場合はパッケージツアーのほうが安心です。

メリット

  • 航空券とホテルを別々に取るより安い
  • 添乗員や現地係員がいて安心感がある
  • 空港〜ホテル間の送迎などサービスがあることが多い

デメリット

  • 日数やホテルがあらかじめ決められているので自由度は低め これは、はじめて海外旅行に行く人にとってはメリットだと思います。最初から自由すぎても、何をどう選べばいいのかわからなくて困ると思います。
  • 一人旅の場合は追加料金で割高になることが多い

3人に2人は海外旅行の予約をインターネットで行われるようになりました。
インターネット予約の魅力は「いつでも予約できること」、「バーゲン商品など、WEB限定商品があること」です。
そこで「パッケージツアー」のオススメ予約サイトを紹介します。

利便性+柔軟性で最適な旅行を提供「旅工房」

いろいろ調べた結果、会社の信用度が高く、長年の実績もあり、安いツアー企画がたくさんあるのは、旅工房です。
一人ひとりの希望に沿う旅行をプランニングしてくれます。
エリア専門のトラベル・コンシェルジュが電話やメールでご希望をヒアリングしてくれます。
憧れのハネムーン、贅沢に過ごしたい一人旅など大切なご旅行もオーダーメイドでご提案してくれます。
ネットの利便性+人による柔軟性でこだわりのある旅行者へ、最適な旅行を提供してくれます。
バリ島担当、ハワイ担当など各方面に特化した組織体系で、安心して任せられます。
顧客のニーズを即時にツアーに反映してくれます。
日程の変更、ホテルのグレードアップなどにスピーティかつ柔軟に対応してくれます。

WEB限定商品が狙い目!国内最王手「JTB」

国内最大手の旅行会社で世界中に支店があるため安心度ナンバー1です。
規模を生かした手配力とお得感のある商品を展開しています。
「お買い得ツアー」「WEB限定商品」「旅のアウトレット」をオンラインで空席確認&予約出来る商品の中で他社と比較しても最安値であることが多く、店頭よりも大幅にディスカウントされています。
お得に旅したいという人はJTBの「お買い得ツアー」「WEB限定商品」「旅のアウトレット」を探しましょう。
世界的に見ても大きい旅行会社なだけに、何かあったときのトラブル対処はとても安心出来ます。

限定セールは特に安い「HIS」

ほとんどの渡航先で支店があり、日本語サポートを受けられます。
フリープランがオススメです。
広告などでよく見かける「限定セール」の旅行商品を予約出来ればラッキーです。
旅行業界の中では新興企業で、スタッフも若いです。

個人手配とは

航空券の手配からホテルの予約まで、すべて自分でやるのが個人手配です。
何度か渡航して旅行先に詳しい方、お友達が住んでいるなどの場合などに向いています。

メリット

  • 飛行機やホテルを自由に選べる
  • ホテルの長期割引があるので、長期滞在する場合はツアーよりもお得
  • OPENチケットを使えば帰国日も自由

デメリット

  • 各種予約からトラブル時の対応まで、すべて自分でしなければならない
  • 短期滞在の場合、ツアーに比べて割高

航空券

海外旅行の費用の中で一番高額なものが、航空券の代金です。
そのため、いかに安い航空券を探して購入するかが、旅費を節約する上で非常に重要になります。

陸マイラーになって航空券を無料にする

航空会社のマイルがあれば特典航空券と引き換えることで海外航空券を無料にすることができます。
無料になるのは航空券のみで、燃油サーチャージと各種税金や使用量は必要ですが、通常の航空券と比較にならないほど安いです。
また、ホテル券とも引き換えできます。
私はANAマイルとJALマイル両方貯めていますが、ANAマイルの方が貯めやすく、分散しないほうが貯めやすいです。
それぞれのマイルの貯め方は、下記ブログをご参照ください。

ANAマイルの貯め方

JALマイルの貯め方

LCC格安航空券セール情報をキャッチして格安の航空券を手に入れよう!

私もLCCを使ってますが、やはり気になるのが値段です。
元々安い値段とはいえ、さらに安く買えるに越したことはありません。
そこでオススメなのが、各LCC航空会社が行うセールを使う方法です。セールを使うことで格安航空券がさらにお得になります。
例えば、PEACHのセールで大阪〜台北2,980円、ジェットスターで成田〜那覇・福岡・札幌片道1円、マカオ航空で成田〜マカオ往復7,700円、ジェットスターオーストラリア片道500円、マニラ500円、関西〜ハノイ片道3,980円などの様々なセール航空券を購入することができます。
このように、タイミングが良ければ非常に格安の航空券を手に入れることができるのです。
ただし、各社とも、セールは「不定期」かつ「先着順」なので、いち早くセール情報をキャッチした人が勝ちという早い者勝ちのルールなのです。
そう、LCCのセールにおいては「情報が命」です。
では、LCC航空会社のセール情報を見逃さない方法をご紹介しましょう。

私は、自分がよく使うLCC航空会社のメルマガを購読しています。

日本発着のPeach、ジェットスター、バニラエア、エアアジアなど主要LCCのメルマガに登録しておくと、セール情報が届きます。
メルマガ購読は無料なので登録しておきましょう。

PEACHのメルマガ登録はこちら

バニラエアのメルマガ登録はこちら

ジェットスターのメルマガ登録はこちら

エアアジアのメルマガ登録はこちら

香港エクスプレスのメルマガ登録はこちら(一番下の方にあります)

メルマガの嬉しい点は、セール予告が届くことです。
セール開始の1,2日前にセール情報が届くので、購入するかどうか考えられる時間があります。
時々優先的に予約できるのも会員特権です。

格安航空券検索サイトSkyscannerスカイスキャナーで検索

海外旅行初心者がまずすべきことは、希望の飛行機の発着日時と飛行場のデータを、格安航空券検索サイトスSkayscanner(スカイスキャナー)で検索することです。
「なぜ、数ある格安航空券検索サイトの中でも、スカイスキャナーなのか?」 と疑問に思う人がいるでしょう。

それは、以下のSkyticketの4つのメリットがあるからです。

1.スカイスキャナーは検索が簡単

2.スカイスキャナーは日本語が使える

3.スカイスキャナーは日本円が使える

4.スカイスキャナーはほぼ最安の航空券を見つけられる

スカイスキャナーは最も使いやすいです。
なぜならば、検索項目の入力がシンプルだし、しかも日本語と日本円が使えるからです。
しかも、スカイスキャナーはほぼ最安の航空券を見つけることが出来ます。
たまにスカイスキャナー以外の格安航空券検索サイトの方が、スカイスキャナーよりも安い航空券を見つけることもありますが、それは稀だしその差額は小さいです。
スカイスキャナーで見つかった最安航空券 ≒ 最安航空券、なのです。
安い航空券を買いたい人は、とにかくスカイスキャナーを使って探してみよう!



スカイスキャナーのデメリット

スカイスキャナーは使いやすく、安い航空券が探し出せる優秀な格安航空券検索サイトでありますが、スカイスキャナーにもデメリットはあります。
スカイスキャナーのデメリットとは、格安航空会社LCCが検索に引っかからないことです。
そのため、スカイスキャナーで検索した後は、次のステップに進む必要がある。

空港名とLCC(格安航空会社)で検索

スカイスキャナーで安い航空券が見つかっても、まだ購入しません。
スカイスキャナー以上に安い航空券が、存在するかもしれないからです。
その可能性があるのは、スカイスキャナーの検索に引っかからない格安航空会社(LCC)が運営する飛行機のチケットです。
世界中に存在している格安航空会社は徐々に規模を拡大していますが、まだ一般的な大規模な航空会社には及ばず、運航していない航路も多いです。
そのため、まずは自分が希望する航路にLCCが運航しているのかどうかを調べないといけない。

LCCが運航しているか調べる方法

LCCが運航しているか調べる方法は、Googleで「あなたが利用したい空港名」と「LCC」で検索するだけです。

LCCが運航していない場合

これでLCC会社が検索に引っかからなければ、LCCの利用は諦めてスカイスキャナーの航空券を買いましょう。

LCCが運航している場合

もしLCCが運航していたら、LCC会社のサイトに行って料金を確認しましょう。
実はLCCの場合は、予約するのが早ければ早いほど、航空券の料金が安くなります。
なので、旅の日程が決まったら、出来るだけ早くLCCを検索することをおすすめします。

※格安航空券を探したいなら無料アプリSkyticketがおすすめ!

スカイスキャナーはほぼ最安の航空券を見つけられるが、最近はもっと安い格安航空券が簡単に探せるアプリが注目されています。

それは、Skyticket!!

無料アプリSkyticketを使うと格安航空券の最安チケットを簡単に見つけられます。
LCCも取り扱っていますが、LCCは上記各社サイトをチェックされた方が良いです。
取り扱い航空会社が最も多いです。
下記サイトの最下段よりダウンロードされるのをお勧めします。

次回、その2へ続きます。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ