スマホを使うのが安い アルゼンチンにて

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

海外旅行でいつものスマホがあれば!

日本でいつも使っているスマホやiPhone, iPadを海外でも利用できたらとっても便利です。
2015年から機種のアンロックが日本でも可能になりました。
日本で機種をアンロックして格安SIMを購入すれば、いつものLINEやいつものFacebookがそのまま使えます。 海外旅行経験者にとっては、Google Map、Google 翻訳は、役にたちます。

とっても高くないですか?

国際ローミング例として、1日に24.4MBまでは1,980円、それ以上は2,980円もかかります。
南米は、簡単にプリペイドSIMを使用できない国もありますが、スマホ代を安くするには、プリペイドSIMが1番です。
各キャリアのSIMロック解除は面倒なので、契約切り替えのタイミング等にSIMフリーのスマホ を購入した方が良いと思います。
もし、SIMフリースマホでない方は、以下の方法でロック解除できます。
PCでの手続きだと無料で出来ます。

ドコモ:SIMロック解除方法

ソフトバンク:SIMロック解除方法

au:SIMロック解除方法

アルゼンチンのWiFi事情

ブエノスアイレス市内では、公園や地下鉄などでBA wifiという無料wifiが利用できます。
BA wifiは市が提供しているwifiです。
利用する時には、接続画面の一番下のチェックマークをチェックして、ボタンを押せば繋がります。
地下鉄で行き先を確認したいときにはとても便利ですので、活用するのもありです。
地下鉄では、改札を抜ける前に線路を確認できますが、観光客を狙った強盗やすりもいますので注意してご利用ください。
携帯を使っているところにバイクなどで近づいてひったくる、モトチョロという犯罪も多いです。
基本的には道で携帯は見ない、見るとしたら道路に背を向けたりお店の中で使うことを心がけたほうが良いです。
また、iPhoneは狙われやすいので、リンゴマークが見えないようなケースをつけるなどして少しでもiPhoneであることを隠せると良いと思います。
(アルゼンチンだけでなく、南米はリンゴマーク製品は特に目を付けられやすいので注意が必要です。)

無料wifiは日本と同じでそんなに精度がよくなく、電波も強くなくアクセスが遅いので、欲しい情報がなかなか手に入らないこともあります。
またウェブサイトによってはアクセスできないこともあります。
メッセージや地図アプリを使う分には問題ないです。

スターバックスやマクドナルドなどの大手チェーン店ではwifiが設置されています。
確かなwifiが必要な場合はスターバックスまたは、ちゃんとお金を払うカフェ・レストランで提供されるwifiの利用がおすすめです。

iPhoneについては対応周波数が非常に多いので、心配いりません。
そのため、日本で発売されているAndroidスマホでは使えない可能性もあるので、持ち込むスマートフォンの対応バンドをチェックして置いた方が良さそうです。

Claro・Movisar・Personalの3社とも1900MHz(バンド2)を3Gに使用しており、それに加えてMovistarだけが850MHz(バンド5)を利用しています。
LTEについては3社とも1700MHzとなっています。これはバンド4になり日本では使われていない周波数です。したがって国内モデルのスマホを持ち込んだ場合、LTEが使えない可能性があります。LTEにこだわりたい方はiPhoneやNexusシリーズのような国際的に売られているモデルのほうがよさそうです。

プリペイドSIMカードを購入する

SIMフリースマホにアルゼンチンのnano SIMを挿してインターネット接続するまでの説明です。

ブエノスアイレス・エセイサ空港内にはSIMカードを売っている店がないようです。
ブエノスアイレス市内の宿に到着したら、googleマップでClaroのお店を探しました。
アルゼンチン三大手Claro、Movistar、Personalのどれでもかわりませんが、Claroが一番設定が簡単そうなので、Claroで解説します。
今回は、下記Claroの店舗を例に説明します。

Alto Palermo Shopping
Av. Santa Fe 3253, 1091 CABA
https://goo.gl/maps/zhso7axw9bB2

3階に上がると赤の派手めな内装のお店があります。
入り口には受付番号発行機があり、その横で係りの人が用件を聞いてくれるので、「プリパゴ・チップ (プリペイドSIMカードの意味)」と言って、該当の受付番号を貰います。
スペイン語圏ではSIMとは呼ばずチップと呼ぶらしいです。
呼ばれたカウンターでもう一度チップを買いたいというと、チップは10ペソであること、料金体系の説明があり、お金を払うと直ぐにSIMカードをくれます。
その場でiPhoneに挿して、どのプランにしたいか聞かれるので、「7日間最大2GBのプランにしたい」と言うと、一番出口に近いガラス越しの窓口でお金を払い、この紙に書いてある番号(454)にメッセージしろと言われます。

7日間最大2GBのプランは90ペソなので、その通りの窓口で払ってから「2GB7D」とテキストメッセージを送ります。

テキストに返信が来たら無事開通です。

お店に入って「プリパゴ・チップ (プリペイドSIMカードの意味)」というと、あっちに行けと売っているお店を教えてくれます。

チップ代10ペソ、7日間2GBプラン90ペソ合計100ペソは、約250円です。
値段も安いしSMSに打つだけなので、アルゼンチン滞在の時はClaroのSIMカードがオススメです。
あとは以下のスペイン語単語を覚えておけばよりスムーズになると思います。

  • タルヘタ デ ティプ(Tarjeta de Tip):SIMカード
  • プレパゴ(Prepago):事前払い・プリペイド
  • レカルガ(Recarga):チャージする
  • ポルファボル(Por favor):お願いします!

機種が対応していない場合はレンタルWiFiを

プリペイドSIMが、3GのBand 5にも対応していないAndroid端末の場合は、レンタルWiFiになるかと思います。
プリペイドSIMよりかなり高くなるため(4G LTE1日300MB 1日約1,301円)、あらゆるところでWiFiが飛んでいるので、無料WiFiのみで滞在するというのも選択肢です。
レンタルWiFiにするのであれば、料金とサポートでグローバルWiFiをお勧めします。

まとめ

今回はアルゼンチンのClaroのプリペイドSIMカードを購入し、インターネット通信するまでを紹介しました。
SMSで「2GB7D」とテキストメッセージを送るだけなので非常に簡単です。
アルゼンチンはいたるところでWi-Fiが使えるので、うまくWi-Fiを利用すれば1日50MBでも過ごすことができるでしょう。

この情報が楽しいアルゼンチン旅行にお役立ていただければ幸いです。

B22 地球の歩き方 アルゼンチン チリ パラグアイ ウルグアイ 2018〜2019 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スマホをペルーで使うおすすめの方法は?

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

海外旅行でいつものスマホがあれば!

日本でいつも使っているスマホやiPhone, iPadを海外でも利用できたらとっても便利です。
2015年から機種のアンロックが日本でも可能になりました。
日本で機種をアンロックして格安SIMを購入すれば、いつものLINEやいつものFacebookがそのまま使えます。 海外旅行経験者にとっては、Google Map、Google 翻訳は、役にたちます。

とっても高くないですか?

国際ローミング例として、1日に24.4MBまでは1,980円、それ以上は2,980円もかかります。
南米は、簡単にプリペイドSIMを使用できない国もありますが、スマホ代を安くするには、プリペイドSIMが1番です。
各キャリアのSIMロック解除は面倒なので、契約切り替えのタイミング等でSIMフリーのスマホ を購入した方が良いと思います。
もし、SIMフリースマホでない方は、以下の方法でロック解除できます。
PCでの手続きだと無料で出来ます。

ドコモ:SIMロック解除方法

ソフトバンク:SIMロック解除方法

au:SIMロック解除方法

ペルーのWiFi事情

ペルーといえば、マチュピチュ・ナスカ・クスコと著名な観光地も多くまた物価も安いことから南米では屈指の観光大国です。
南米のなかでは日本人の旅行者の多い国の一つだと思います。
南米は、ありとあらゆるところでWiFiが飛んでいて電波をすぐにキャッチすることができます。
あらかじめオフラインで使用できるMAPをダウンロードしておいて、予備としてプリペイドSIMを用意しておくとよいと思います。
携帯のキャリアはペルーの通信事業者はClaroMovistarの2つがメジャーどころ。
どちらも大差はありませんが、日本人が購入するのは、店舗数の多いClaro(クラロ)が多いです。
店舗も大きなショッピングモールなどに行けば、Claroはよく見かけます。
バンド情報については、次のような状況のようです。

ペルーでは、Band 28・42については使用されてないかもしれません。
iPhoneについては対応周波数が非常に多いので、心配いりません。
ペルーで主に使われているのはバンド 2やバンド4(3Gはバンド5)のようです。
このバンドは主に北米で使われていて、日本では利用されていません。
そのため、日本で発売されているAndroidスマホでは使えない可能性もあるので、持ち込むスマートフォンの対応バンドをチェックして置いた方が良さそうです。

一応、下記ASUS ZenFone 3 ZE520KLはバンド2に対応しています。
3G:
WCDMA: Band: 1/2/5/6/8/19
4G:
FDD: Band: 1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
TD: Band: 38/39/40/41

【新品・送料無料・カード決済可・代引き手数料無料】ASUS(エイスース・アスース) ZenFone 3 SIMフリー ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック]
created by Rinker

iPhone8は、ご参考まで

【新品】SIMフリー iPhone8 64GB スペースグレイ Apple MQ782J/A ネットワーク半年保証 iPhone 本体
created by Rinker

クスコのReal PlazaでClaro社のSIMカードを購入する

クスコでは街中の店舗ではSIMカードの新規購入はできず、Real plazaの基幹店でしかできないらしいです。
ショッピングセンターの中にあるこのClaroが基幹店舗です。

Real Plazaの地図

ちなみにReal plazaの中にもClaroのお店が何店舗かあります。

お店に入って「プリパゴ・チップ (プリペイドSIMカードの意味)」というと、あっちに行けと売っているお店を教えてくれます。

店内に入り、「SIMカードが欲しい」と伝えると銀行の待ち合いような整理券を渡され少し待ちます。
そこで対応してくれた店員に「SIMカードが欲しい」というと、いろいろ説明してくれます。
まず、SIMカード本体を5ソル(=175円)で購入して、それから利用するデータ通信料に応じて設定、支払いをするとのこと。
まずはSIMカードを5ソルでお買います。
肝心の料金体系はどんなんなのかと聞くと、紙に印刷されたものを見せてくれます。

Internet 100MB:3ソレス
Internet 200MB:5ソレス
Internet 500MB:10ソレス
Internet     1GB:20ソレス
Internet     3GB:30ソレス

プランをどれにするかだけ選ぶと、あとはiPhoneを店員のお兄さんに渡して全部設定してもらえるので楽です。
10分ほどでアクティベート完了します。それにデータ量が足りなくなっても、リチャージの場合は街中の店舗に行くか、SMSでメッセージを送ってネットで支払いをすればOKとのことです。
値段も安いし設定も簡単なので、ペルー滞在の時はClaroのSIMカードがオススメです。
あとは以下のスペイン語単語を覚えておけばよりスムーズになると思います。

  • タルヘタ デ ティプ(Tarjeta de Tip):SIMカード
  • プレパゴ(Prepago):事前払い・プリペイド
  • レカルガ(Recarga):チャージする
  • ポルファボル(Por favor):お願いします!

旅の指さし会話帳 ここ以外のどこかへ! 62 ペルースペイン語 / 佐々木直美 【本】
created by Rinker

機種が対応していない場合はレンタルWiFiを

プリペイドSIMが、3GのBand 5にも対応していないAndroid端末の場合は、レンタルWiFiになるかと思います。
プリペイドSIMよりかなり高くなるため(1日約1,680円)、あらゆるところでWiFiが飛んでいるので、無料WiFiのみで滞在するというのも選択肢です。
レンタルWiFiにするのであれば、料金とサポートでグローバルWiFiをお勧めします。

まとめ

ペルーのクスコでClaroのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

クスコは観光都市のため、店員さんは英語を話しますし、旅行者の対応にも慣れています。

店舗さえ見つけることができれば比較的簡単に購入することができるのではないかと思います。

B23 地球の歩き方 ペルー ボリビア エクアドル コロンビア 2018〜2019 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

この情報が楽しいペルー旅行にお役立ていただければ幸いです。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スマホをボリビアで使うおすすめの方法は?

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

海外旅行でいつものスマホがあれば!

日本でいつも使っているスマホやiPhone, iPadを海外でも利用できたらとっても便利です。
2015年から機種のアンロックが日本でも可能になりました。
日本で機種をアンロックして格安SIMを購入すれば、いつものLINEやいつものFacebookがそのまま使えます。 海外旅行経験者にとっては、Google Map、Google 翻訳は、役にたちます。

とっても高くないですか?

国際ローミング例として、1日に24.4MBまでは1,980円、それ以上は2,980円もかかります。
南米は、簡単にプリペイドSIMを使用できない国もありますが、スマホ代を安くするには、プリペイドSIMが1番です。
各キャリアのSIMロック解除は面倒なので、契約切り替えのタイミング等でSIMフリーのスマホ を購入した方が良いと思います。
もし、SIMフリースマホでない方は、以下の方法でロック解除できます。
PCでの手続きだと無料で出来ます。

ドコモ:SIMロック解除方法

ソフトバンク:SIMロック解除方法

au:SIMロック解除方法

ボリビアのWiFi事情

ボリビアといえばウユニ塩湖がインスタ映えするとして人気の観光地です。
ペルーとセットで旅行される方も多いのではないかと思います。
ボリビアに限らず南米は、ありとあらゆるところでWiFiが飛んでいて電波をすぐにキャッチすることができます。
あらかじめオフラインで使用できるMAPをダウンロードしておいて、予備としてプリペイドSIMを用意しておくとよいと思います。
携帯のキャリアはEntel・Tigo・Vivaの3キャリアがあります。
キャリアの規模はEntelが頭一つ抜けている状態です。
バンド情報については、次のような状況のようです。

EntelのプリペイドSIMカード

ラパス国際空港でも販売しているでしょうが、早朝等店舗が閉まっている時間帯の情報しかなく不明です。
ウユニ空港は大変小さな空港で、販売店は見当たりませんでした。
プリペイドSIMカードを買うためには、ウユニ市街のキャリア直営の店舗に行かなければいけないようです。
プリペイドSIMカードを購入できるのを下記地図の位置にあるEntelの店舗です。

Entel販売店の地図

SIMカードを購入する

店舗に入って入り口にいる係員(ガードマン?)に「プリパゴ・チップ」(プリペイドSIMカードの意味)というと、カウンターに行けと教えてくれます。
ボリビアの観光客相手のホテルなどは、英語を話せる人が多いです。
キャリアの店員さんもほとんどが英語を話せましたのでコミュニケーションをとることができます。
あとは店員さんに「プリペイドSIMカードが欲しい」「データが1GB欲しい」と伝えて、パスポートを見せればOKです。
価格は下記の通りです。

  • プリペイドSIMカード: 10ボリ
  • データ1GB: 40ボリ 

合計の50ボリは日本円では800円程度と非常に安いです。
購入したい内容が決まると、店員さんはパスポートを見ながら何やらコンピュータに情報を打ち込んでいきます。
レジストレーション処理をやってくれているようです。
一通り情報を打ち込み終わると、小さな紙に番号を書いてくれるので、その紙を持って店内の支払窓口に行って、指定の金額を支払います。
支払いは現金のみです。
支払いを行うと領収書を発行してくれます。

アクティベーションとインターネットパッケージの購入

EntelのプリペイドSIMカードの利用には「アクティベーション」が必要です。
Entelの店舗で購入した場合は店員さんが全てやってくれます。
店舗のスマートフォンにお客さんのSIMカードを挿していろいろ操作しています。
さらにインターネットパッケージの購入も店員さんのスマートフォンで行います。店員さんが何か番号を入力して発信すると、画面にインターネットパッケージの一覧が出ますので、1GBの物を選択して購入完了です。
SIMカードを買えば電話はできるようになるので、それで終わりだと思われてしまうこともあります。
ネットを使いたくてSIMカードを買う人も多いと思いますが、ネットは別にプランを申し込む必要があります。
事前に下記のどのプランがいいか調べておくのがおすすめです。

初期設定の確認

SIMを購入してSIMの設定(アクティベーション)までお店の人にやってもらいましょう。
説明がスペイン語なので日本人には不可能に思います。
なので、SIMカードを購入したらアクティベーションまでお店の人に設定してもらうようにしてください。
初期設定はAPNの設定を行うだけです。
事前に調べたAPN情報は次の通りです。
何もしなくてもEntelのAPN情報が入っていますが、下記のようになっているかご確認ください。

バンド(周波数)について

ボリビアでプリペイドSIMカードを使うに当たり気になるのが、キャリアの使用バンド(周波数)です。
事前調査ではEntelは下記のバンドを使用していることになっていました。

LTEはこのほかにもBand 2の電波が飛んでいます。
このためボリビアのEntelでLTEを使うためには、Band 13あるいはBand 2の周波数に対応したスマートフォンが必要です。
Androidユーザの方は渡航前に自分のスマートフォンのスペックを確認しておきましょう。
iPhoneについてもiPhone 6s以降はLTE Band 13に対応しているようですが、iPhone Seにつては日本向けのA1723ではLTE Band 13に対応していないので注意してください。

機種が対応していない場合はレンタルWiFiを

プリペイドSIMが、3GのBand 5にも対応していないAndroid端末の場合は、レンタルWiFiになるかと思います。
プリペイドSIMよりかなり高くなるため(1日約1,680円)、あらゆるところでWiFiが飛んでいるのみで滞在するというのも選択肢です。
レンタルWiFiにするのであれば、料金とサポートでグローバルWiFiをお勧めします。

まとめ

今回はボリビアで購入したEntelのプリペイドSIMカードを紹介しました。 
Entelの店舗でアクティベーションとインターネットパッケージを有効にしてくれるので、初期設定はAPN設定を確認するだけです。 
自力でアクティベーションするのは大変そうなので、ボリビアではキャリアの店舗に行くことをお勧めします。
LTE Band 13に対応したスマートフォンを持っていれば、通信速度は遅いものの、ウユニ市街だけでなくウユニ塩湖でもインターネットに接続することができます。
値段も高くないですし、ウユニ塩湖を観光するならプリペイドSIMカードを購入しておいてもよいと思います。

この情報が楽しいボリビア、ウユニ塩湖旅行にお役立ていただければ幸いです。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ