安い海外旅行 JALマイルを貯める方法

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

JALのマイレージバンクにマイルを貯めて特典航空券で旅行するには、たくさん飛行機に乗ったり高い航空券を買ったり、クレジットカードで多額の決済をしないと無理だと思っていませんか?
このページではたくさん飛行機に乗ったり、多額のクレジットカード決済をしなくてもJALマイルが驚くほどたくさん&簡単に貯まる方法を紹介します。

JALマイルの貯め方

これまでにマイルを貯めたことがある方は、飛行機に乗ったりクレジットカード決済でマイルを貯めてきた方が多いのではないでしょうか。
確かにその方法でマイレージを貯めることは可能なのですが、これらの方法は年収に比例する方法とも言え、あまり金銭的余裕のない場合にはなかなか多くのマイルを貯めることができません。

ポイントサイトを利用する

年収に比例せずにマイルを貯める方法として利用できるのが「ポイントサイト」と呼ばれるサービスです。
ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換することで簡単に大量のマイルを貯めることが可能になります。
JALのマイルを直接貯める方法は、飛行機に乗ったり、マイルが付与されるクレジットカードで決済をすることですがそれでは中々思ったようにたまりませんが、ポイントサイトのポイントであれば費用負担なしで多くのポイントを貯めることも可能になります。
多くのポイントを貯めてマイルに交換することができれば、それに比例して多くのマイルを貯めることができるのです。

moppyのポイントをJALマイルに交換する

では、JALマイル交換にポイントは何なのか、それはmoppy(モッピー)というポイントサイトです。
moppyで貯めたポイントはJALマイルに交換が可能なだけでなく、昨年からお得なキャンペーンが継続されておりこのキャンペーンを利用することで沢山のJALマイルを貯めることが可能になります。

<JALマイルを貯める工程のまとめ>

1.ポイントサイトmoppy(モッピー)へ登録する
   ↓
モッピー!お金がたまるポイントサイト
2.moppyでポイントを貯める
3.貯めたポイントをJALマイルに交換する

通常、moppyからJALマイルへの交換は交換率50%となり、10,000ポイント貯めることができれば、JALの5,000マイルに交換できることになります。
通常より少ないポイントでJALマイルを手に入れるためには以下で説明するキャンペーンを利用する必要があります。

ドリームキャンペーンを利用してJALマイルへ交換

ドリームキャンペーン概要

キャンペーン期間中はJALマイルへの交換率がアップします。
通常モッピーの3ポイントに対してJALの1マイル交換(交換率33.3%)ですが、キャンペーン期間中は2ポイントに対して1マイル(交換率50%)に交換が可能です。
さらにある条件を達成することで実質交換率80%になる特典がつきます。
このキャンペーンを利用すると、実質7,500ポイントでJAL6,000マイルに交換が可能になります。

キャンペーン概要

2018年9月1日(土)以降、通常3P=1マイルのJALのマイルへの交換が、2P=1マイルで可能となります。
また12,000Pの交換申請をされた方を対象に、スカイボーナス(※)を付与いたします。
この先も延長になる可能性もありますし、4月で終わりの可能性もあります。
キャンペーン継続となっていたとしても諸条件が変わっていることもありますので条件などの詳細は毎回確認するようにしましょう。

キャンペーン期間中のJALのマイルへのポイント交換について

キャンペーン期間中は、以下5種類の交換ポイントでの提供となります。
・1,000P ⇒ 500マイル
・3,000P ⇒ 1,500マイル
・4,800P ⇒ 2,400マイル
・6,000P ⇒ 3,000マイル
・12,000P ⇒ 6,000マイル【+4,500Pスカイボーナス】

※スカイボーナスについて

4,500P【実質80%の還元レート】
・モッピー公式POINT WALLET VISA PREPAIDをお持ちで、JALのマイルに12,000Pを交換申請し、かつ各月に利用した広告の合計ポイント数が15,000P以上の方が対象となります。
・ポイント予定明細、及び確定明細に反映されたポイントのみ対象となります。
・ポイント予定反映「なし」の広告を利用された場合は、対象月にポイント確定明細に反映されれば対象となります。
・キャンペーン対象月以前に利用した広告が、キャンペーン対象月中にポイント確定明細に反映されたポイント数は対象外となります。
・スカイボーナスはお一人様月1回までとなります。

通常、モッピーからJALマイルへの交換は3ポイントを1マイルに交換するためあまりお得ではありません。
モッピーのポイントをお得にJALマイルに交換するにはキャンペーンを利用するのが必須条件です。
できることならば、スカイボーナスをもらい、交換率80%を得るといいでしょう。
まだmoppyでポイントを貯めていない方は、下記公式サイトから登録してください。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

moppy payならポイント譲渡が可能

通常、マイルやポイントは他人への譲渡ができない場合が多いですが、moppy pay(モッピーペイ)ならモッピーのポイントを友人や家族に譲渡することが可能です。
ポイント交換が可能ということは、家族が貯めたポイントを送信してもらい自分のJALマイルに交換するなどができるということです。
moppy payとは スマートフォン版moppyで利用でき、web上でmoppyポイントを送受信できるサービスです。
家族や友人などにポイントをあげることが可能なだけでなく、受け取ったポイントは通常獲得したポイントと同様に1P=1円として現金や電子マネー、各種ギフトに変換可能です。
また、相手の住所や口座番号を知らなくても、メールやLINEで送信するため簡単にモッピーポイントのやり取りができます。
利用料・手数料はどちらも不要なため、まだモッピーを利用していない方も受け取る際に会員登録すればいいので使いやすい仕様となっています。
スマートフォン版モッピーの先行サービスとなっているため、現時点ではPC版モッピーにはmoppypayの表示はありません。
利用する際はスマートフォン版の利用が必須です。

<注意点>
moppy payは「初回審査あり」の交換先となっているため、初めてmoppyのポイントを交換する場合には利用できず、初回審査でない交換先で一度交換することでmoppy payを利用することができるようになります。
受信者側がモッピー未加入の場合、受信時に会員登録が必要になります。
moppy payは受信用アドレスが発行された時点ですぐに受信・利用可能なので通常のポイント交換と違い日数がかかりませんが、受信後に他のポイント交換(JALマイルなど)する場合は通常通りの交換日数がかかります。

JALマイレージバンク・マイルとは

JALマイレージバンクとは

日本航空および日本航空グループ(株式会社JALマイレージバンク)が提供するマイレージサービスです。
国内航空会社として初めてのマイレージサービスを開始し、当初はサービス名称を「JALスカイプラス」としていました。
JALマイレージバンクに貯めたマイルはJALだけでなくJALが加盟するワンワールド系の航空会社でも利用が可能です。
登録は誰でもできますので、まだ会員になっていな方は、下記公式サイトから登録しましょう。
公式サイト>>JALマイレージバンク新規入会

まとめ

JALのマイルをポイントサイトで貯めるなら、moppyがおすすめです。
通常の交換率は低いものの、昨年から継続しているキャンペーンをうまく活用することで交換率80%が可能になります。
moppy未登録の方は以下の公式サイトから登録しましょう。 モッピー!お金がたまるポイントサイト 
次に、広告利用でポイントを貯め、12,000ポイントをJALマイルへ交換します。
さらに、交換した月の広告の合計ポイントが15,000ポイント以上になるように案件をこなします。
これで、モッピーのポイントを交換率80%で交換することが可能です。
既にmoppyポイントがたまっている方はうまくこの条件をクリアしてお得にJALマイルを貯めることができます。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

安い海外旅行 ANAマイレージを貯める方法

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

航空会社のマイルがあれば特典航空券と引き換えることで日本や海外への旅行へ行くための交通費を少なくする事ができます。
ここでは今のあなたの状況に合わせて最適な「ANAマイルの貯め方」を紹介しています。
以下で紹介するANAマイルを貯める方法は筆者自身が実践しており、貯めたANAマイルは各地へ旅行する際に利用しています。
是非みなさんもこの方法を参考にマイルを沢山貯めて海外旅行などを楽しんでください。

あなたに最適なANAマイルの貯め方はどれか

ANAマイルを貯める方法は色々ありますが、具体的な手法をあなたはいくつ知っていますか?飛行機に乗って貯めるだけだと思っていませんか?
もちろん飛行機に乗ってマイルを貯めるのが最も一般的な方法ですが、それだけではなかなかマイルが貯まりません。
では、クレジットカードやポイントサイトを使った貯め方があるのをご存知でしょうか?
大まかに分類すると、以下の5種類の方法があります。

  1. ポイントタウンを使ったANAマイルの貯め方
  2. Tポイントを使ってマイル貯める
  3. クレジットカードでマイルを貯める
  4. 飛行機に乗ってマイルを貯める

現時点で最もおすすめな方法はポイントタウンを利用した方法です。
これからANAマイルを貯め始めてみようかなという方はまずは「ポイントタウンを使ったANAマイルの貯め方」の項目から読み進めていただくのが良いと思います。
ポイントタウンを利用しつつ、2番目以降の貯め方も併用するとさらにマイルが貯められたり、ポイントを現金として還元させることで旅費や食事代などに充てる事ができるのでおすすめです。

それでは、上記5種類のマイルの貯め方の詳細を解説していきます。

ポイントタウンを使ったANAマイルの貯め方

当ブログで最もお勧めしている方法であるポイントタウンを利用してマイルを貯める方法を解説します。

年間で10万マイル以上を手に入れる事も可能で、特典航空券を取得して海外旅行に行きたい方に特におすすめです。

ANAマイルを貯める方法 3ステップ概略 [ポイントタウン利用]

詳細説明に入る前に、大まかな流れである3ステップの概略を説明します、大まかな流れを頭に入れた後に、各ステップの具体的な手順や詳細に進んでください。

ステップ1:ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO)」の取得

最初に行うステップはマイルを貯めるうえで欠かすことのできないクレジットカード、通称ソラチカカードの取得をすることです。

ステップ2:ポイントサイト「ポイントタウン」の登録・活用

次に行うのは、ANAマイルの元となるポイントを取得するポイントサイトへの登録・活用がステップ2です。

ここではポイントタウンというサイトを利用します。

ステップ3:貯めたポイントをANAマイルに交換する

最後のステップとして、ポイントタウン→LINEポイント→ソラチカルートと繋いでANAマイルに移行します。

マイルの貯め方簡単3ステップの概略は以上です。

ステップ2の部分を「ポイントタウン」以外のポイントサイトも合わせて利用するとより多くのマイルを貯めることが可能です。

それでは大まかな流れが把握できたところで、各ステップの詳細と具体的な手順を解説して行きます。

マイルを貯めるのに必須のソラチカカード取得

それでは、年間で20万マイル以上を貯める事ができる貯め方のステップ1を解説していきます。

ANAマイル交換用といてのクレジットカード

マイルを貯めるうえで最初のステップとしてすべきこと、それはANA To Me CARD PASMO(通称ソラチカカード)を所持することです。

ANA To Me CARD PASMO ソラチカカード

ポイントタウンを利用して年間20万マイル以上を貯めるにはソラチカカードというクレジットカードが欠かせません。
具体的なマイルの貯め方を詳しく知るよりも前にソラチカカードの所持が最重要です。
なぜかというと、ソラチカカードの有無で得られるマイル数に大きな差が出てしまうからです。
ソラチカカードを使わずにマイルを貯めることも可能ですが、現時点ではこのカードの有無で年間で得られるマイル数に大きな差が生じていることは事実です。
クレジットカードを所持することが必須だからといって多額の決済することは必要はなく、マイルを貯めるために重要なことは「所持」していることです。

ANAマイルとANA To Me CARD PASMOの関係とは

数あるクレジットカードの中でもANAマイルへの交換に最適なカードがANA To Me CARD PASMO JCBです。
このカードがあるだけでなぜ大量マイルの取得のハードルがとても低くなるのでしょうか。
それはこのカードがマイルを貯めるためにどんな役割を果たすのか見ていくとわかります。

ANAマイルへの交換率

冒頭で説明した3ステップの概略からわかる通り、ポイントタウンというサイトのポイントをANAマイルに交換することでマイルを貯めるのがここで解説するマイルの貯め方です。
ポイントからマイルへ交換する時に高い交換率、つまり所持しているポイント数をできるだけ減らすことなくマイルに移行することができれば、それだけで多くのマイルを貯めることになります。
ソラチカカードはメトロポイントからANAマイルへの交換率90%という高交換率でポイントをマイルに交換できる唯一のクレジットカードです。

マイルはカード決済を主にして貯めるわけではない

今まで少しでもマイルを貯めたことがある方は、飛行機に乗ったり、クレジットカード決済で貯めたポイントをマイルへ交換してきた方が多いのではないでしょうか。
確かにカード決済を使った方法でもマイレージを貯めることはできます。
しかしクレジットカード決済をしたくないという現金主義派の方も多くいらっしゃいますし、クレジットカードでマイルを貯めるには支払いが生じることに直結します。

ソラチカカードの交換率を生かした方法であれば、多額のカード決済をすることなく多くのマイルを貯めることができます。
現時点では「ポイント→(交換)→ANAマイル」という貯め方がカード決済を主にしないでマイルを貯める唯一の方法です。
ポイントタウンを利用した方法ではカード決済を主にして貯めるのではなく、カードの所持によってマイルを貯めて行きます。

ANAマイルはポイントから交換するのが最も貯まる

ここまで説明してきたように、カード決済を主にしてマイルを貯めるわけではないので、年収が数百万(1年間の支出が数十万〜100万くらいの)の方もポイントをANAマイレージクラブに交換という方法を取れば、年間で20万〜30万マイル程度を貯める事が可能です。
クレジットカードの決済や飛行機に乗ってマイルを貯めるよりも、ポイントタウンを含めた様々なポイントサイトの方がポイントを貯めやすいです。
つまり、クレジットカードの決済で貯めるポイントは決済額の数%です。
つまり、決済額が多ければ多いほどマイルがたまる一方で、決済額が多くない方はあまりマイルを貯める事ができません。
飛行機に乗る場合もおなじで、飛行機に乗る回数が多い方・長距離を乗る方はマイルが貯まりやすいですが、年に数回乗るだけの方やツアー利用が多い方などはマイルが貯まりにくいです。

ソラチカカード所持者がポイントをマイルに交換するとどうなるか

より多くのマイルを求める場合、交換率が高いソラチカカードの有無でどの程度差が出るのか、具体的なポイント数を例に見ていきましょう。
繰り返しになりますが、ソラチカカードは所持しているだけでメトロポイントからANAマイルへの交換率が90%になります。

メトロポイントの10,000ポイントをソラチカカード所有者がANAマイルに交換すると以下のようになります。

10,000 メトロポイント

↓↓

交換率 90%

↓↓

ANA 9,000マイル

上記のように、所持しているポイント数に×0.9(90%)した数値が獲得マイル数になります。
多くのポイントを所持できればそれだけ多くのマイルに交換できるのは当たり前ですが、交換率90%だと所持しているポイント数の1割減で済むという点が大量マイル取得するために重要です。
一方、ソラチカカードなしの場合だとマイル数がどうなるのかも見てみましょう。

ソラチカカード無しの方がポイントをマイルに交換するとどうなるか

ソラチカカード無しの方が10,000ポイント持っていると、ANAマイルはいくらになるのか見ていきましょう。
最も一般的な交換率であり、広く認知されているTポイントを例に見ていきましょう。
TポイントはANAマイルへの交換率が50%です。
ソラチカカードと比べると低く感じますが、50%の交換率というのは一般的な数値でソラチカカードを除けば50〜60%の交換率が最も高い部類に入ります。

ではTポイントの10,000ポイントをANAマイレージに交換するとどうなるでしょうか。

10,000 Tポイント

↓↓

交換率 50%

↓↓

ANA 5,000マイル

上記のように、所持しているポイント数の半分しかマイルは獲得できません。

元は同じポイント数でも5,000マイルにしかならない方法と9,000マイルになる方法とが存在している状態です。
あなたはどちらが良いですか?
もちろん、9,000マイルを取得できる方が良いですよね。
そのために、まずは90%の交換率を利用できるようになるためのソラチカカードを所持しましょう。
下記公式サイトより、「ANA To Me CARD PASMO JCB」がお申し込みでき、入会時最大25,150マイル相当プレゼントキャンペーンがあります!

ANAマイルが貯まるソラチカカードの使い方

クレジットカードを所持すると言ってもこのカードで多額の決済をするわけではありません。
ソラチカカード存続のためにも毎月の固定出費の一部(例えば、インターネット料金や携帯電話料金)をソラチカカードで決済することが望ましいと筆者は考えますが、全ての決済をソラチカカードにまとめたり、現金で払いたいものをソラチカカードで払う必要はありません。
あくまでポイントサイトのポイントをANAマイレージクラブに交換する為に使うクレジットカードであり、全ての支払いをクレジットカード決済に変えなくて大丈夫です。
クレジットカード決済を併用した方がより多くのマイルがたまるのは事実ですが、クレジットカードで多くの支払いをすることがあまり好きではない方もポイントタウンを利用する方法なら実践可能で、すでに多くの方がこの方法でたくさんのANAマイルを貯めています。
ソラチカカードはあくまでもメトロポイントからANAマイルへ交換する際に利用するのが主な使い方となります。

ポイントタウンの登録&利用で大量マイルの基を作る

それではステップ2に進みましょう。
前項でも書きましたが、ソラチカカードを所持しているとメトロポイントの90%をANAマイルに交換できます。
ということは、ポイントサイトで貯めたポイントを極力減らさずにメトロポイントに交換する事が出来れば、あとはソラチカカードの所持だけで大量のマイルを貯める事が可能になります。

メトロポイントを直接貯めない理由

わざわざ他のポイントサイトを使わないで直接メトロポイントを貯めればいいのでは?と思う方もいらっしゃると思います。
メトロポイントは東京メトロに乗ったりすることで直接貯める方法はありますが、当ブログではメトロポイントを直接貯めることは推奨していません。
それはメトロポイントは貯めにくいという欠点があるからです。
そこで、ポイントが貯めやすくポイントを極力減らさずにメトロポイントに交換できるサイトを利用すれば、結果としてANAマイルを大量に手に入れることができるようになります。

ANAマイル取得の為にポイントタウンを選ぶ理由

メトロポイントからANAマイルへの交換率が高いからと言っても、毎日東京メトロに乗っているだけでは旅行に出るほどには貯まりません。
貯めやすいポイントサイトでポイントを大量に貯めることがマイレージを貯めるうえでは必要になります。

では、どのポイントサイトで貯めるのか?

前項の繰り返しになりますが、数あるポイントサイトの中でも「ポイントタウン」は大量ポイントが最も貯めやすいポイントサイトといえます。

その理由はいくつかあります。

  • 15万ポイント以上の案件が多い
    ポイントタウンのポイント数は円ベースで考えると20倍のポイント数となり少しわかりづらいのですが、これだけでANAマイルに換算すると6,075マイルになります。
  • ネットショップ案件が多い
    ネットで買い物をする時にポイントタウンを経由させるとポイントとして還元されるので、実質の出費はありますがポイントとして戻るものが多いです。
  • ポイントアップ中の案件が常時ある
    普段は低ポイントの案件が期間限定のお得な案件が非常に多いです。
  • 換金制限がない&わずか100円から換金できる
    他のポイントサイトでは毎月の換金額に上限が設けられていたり、300円〜1,000円程度貯めないとポイント交換できない場合が多いですが、ポイントタウンは100円分から換金できるため、非常に使い勝手がいいです。

このほかにも色々とポイントを貯める方法があり使いやすいポイントサイトといえます。

では実際にポイントタウンを利用するにはどうすれば良いか。
答えは簡単、利用登録をするだけです。

ポイントタウン公式サイトはこちら
 ⬇︎

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

大量ポイント案件は決まっている

ポイントタウンは登録しただけでは貯まりません。
実際にポイントタウン経由でクレジットカードを発行したり、日々のネットショッピングで利用しているサイトはポイントタウンを経由させてから利用するなどする必要があります。
ポイントタウンを利用すると直接マイルを貯めるよりも大量のポイントを貯める方が、たくさんマイレージを貯めることが出来ます。
大量案件の中には自動車保険や医療保険の見直し相談等もあります、これは見直しの時期は限られていると思いますが、成約までいかなくてもポイントもらえる場合もありますので有効活用できる案件の一つです。

買い物、旅行や出張でポイントを稼ぐ

クレジットカードの他にも大手ネットショップ(楽天等)でお買い物する際にポイントタウンを経由させてお買い物をすることでポイント獲得する事も出来ますので、出来るだけネットで買い物をする際はポイントサイトを経由させる事を意識付けしましょう。
また旅行、出張や宿泊等の手配も普段利用しているサイトがポイントタウンに登録されているかどうか確認してみてください。
楽天トラベル等、いくつか旅行関連のサイトがありますので旅行、出張に行く際もポイントタウン経由でサイトを訪れる事を習慣化するようにしましょう。

ポイントを獲得する秘訣は、日々のネットショッピングをポイントタウン経由で行うのを忘れないようにすることが重要です。
また、ポイントタウンから購入する事で還元されるポイントが多い商品を買い、ヤフーオークションやメルカリなどで販売する事で、ポイントをもらいつつ、現金の回収もする事ができます。

ポイントをANAマイルに交換する

ポイントタウンを利用したANAマイルの貯め方の最終ステップです。

ポイントタウンで貯めたポイントをいくつかのポイントサイトを経由させてANAマイルに交換して行きます。

貯めたポイントは毎月ANAマイルに交換する

ポイントタウンでクレジットカードの発行やFX口座の開設・保険の相談などでポイントを貯めて、貯めたポイントをANAマイレージに交換する、ここまでやれば大量のマイルが自分のものになります。

ポイントタウンで貯めたポイントを以下のようにいくつかのポイントサービスに交換して最終的にANAマイルに交換します。

ポイントタウン

↓↓

LINEポイント

↓↓

メトロポイント

↓↓

ANAマイル 

ポイントタウンを利用したANAマイルの貯め方 まとめ

1. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を申し込む

2. ポイントタウンに登録してポイントを貯める ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
3. 貯めたポイントを、メトロポイント経由でANAマイルに毎月交換する

ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイントに変えてソラチカルートの交換率90%でANAマイレージクラブのマイルに交換する方法が、誰でも出来る大量マイレージ獲得の唯一の方法であり費用を掛けずにマイルを貯める正攻法です。
繰り返しになりますが、この方法を実践するにはソラチカカードの所有が必須です、まだ申し込んでいない方はすぐに申込をしましょう。

メトロポイント自体は大量ポイントの獲得には向かない為、ポイントタウンというサイトを利用して大量のポイントを貯めます。
あとはポイントタウンで紹介されている案件(保険の見直しやクレジットカードの発行、FX口座の開設など)で一度に大量のポイントを獲得します。

最終的にソラチカカード経由でポイントタウンのポイントを交換率81%でANAマイレージに交換するだけで大量のマイルが貯まっていき、楽に年間で10万マイル以上を手にする事も可能です。

ANAのマイルを貯めているとマイレージと交換で取得できる特典航空券によって楽しい旅行をもたらしてくれますし、家族や友人との大切な思い出を作る事が出来ます。
マイレージがあるとほぼ無料で飛行機に乗る事が出来るので、その分を現地の食事やホテル、オプショナルツアーへ参加する等のより楽しく数多くの体験を出来るようになります。
旅行好きの方だけでなく好きなアーティストを追って全国のツアーを回っている方、出張の多い方等、マイレージを貯めると金銭的負担が格段に少なくなるのでこの方法でマイルを貯めるのはとてもおすすめです。

Tポイントでマイルを貯める

様々な場所で貯める事が可能なTポイントは交換率こそ一般的な50%ではありますが、交換までにかかる日数や手数が少なく簡単にANAマイルに交換する事ができるので、上記ポイントサイトを利用した方法や後述するクレジットカードで貯める方法ができない方におすすめです。

クレジットカードでマイルを貯める

クレジットカードの決済をすると数%分のポイントがつくカードが多いです。
こちらのポイントをANAマイルに変える事で貯める事も可能です。
ポイントサイト活用した場合と比べると費用がかかるのですが、より多くのマイルを貯めたい方には、上記ポイントサイトを使った貯め方と併用することをおすすしています。

飛行機に乗ってマイルを貯める

ここまで紹介してきた方法の他にもクレジットカード決済やTポイント、楽天ポイントを使ってマイルを貯める方法もありますが、最も一般的なのは飛行機に乗ってマイルを貯めることです。
通常、飛行機に乗ることで航空会社からもらえるマイルのことを「フライトマイル」と呼びますが、フライトマイルは各航空会社のマイレージクラブ会員にならないといけません。

まとめ

ANAのマイルには、飛行機に乗る以外にも貯まる方法がたくさんあります。
その中でも最も貯めやすく費用負担が少ないのがポイントサイトを利用したため方です。
この方法は何年も利用されてきており、知っている人はどんどん利用してきた方法でもあります。
このブログを参考に是非お試しください。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ