安いニューカレドニア旅行のノウハウ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ニューカレドニアが「天国に一番近い島」と呼ばれる理由は?

これまで、様々な海外旅行ノウハウを綴ってまいりました。
今回は、私が約25年前に行ったニューカレドニアについて、思い出しながら調べながら解説させていただきます。

「天国に一番近い島 ニューカレドニア」そう呼ばれるようになったのは、今から約50年以上前、作家・森村桂の旅行記『天国にいちばん近い島』にニューカレドニアが描かれたことからです。
当時、ベストセラーとなったその作品は、のちに映画化もされ大ヒットしました。
そして今、この島は多彩な体験を通じて自分ならではの“天国”を見つけられる場所として、注目を集める旅のデスティネーションになっています。
世界で5本の指に入るほど、海は美しかったです。

ニューカレドニア旅行のノウハウは、下記の通りです。

①ニューカレドニアの基本情報
②ニューカレドニアのおすすめスポット
③航空会社とホテルの個別手配か、海外ツアーか!
④計画を立てたら必要な手配や手続きをとる
⑤ニューカレドニアへの準備
⑥ ニューカレドニア入国までの流れ
⑦手荷物はきちんと整理して、帰国はスムーズに

①ニューカレドニアの基本情報

国名

ニューカレドニアの正式名称は、「フランス領ニューカレドニア(Nouvelle Caledonie)」。
実はニューカレドニアはフランス領なんです。
首都は「ヌメア」です。

地理

オーストラリアの東に位置しています。

フランスパンのような形をした首都ヌメアがある「グランドテール島」と、その周辺の小さな島々から構成されます。

気候

1年を通して気温の変化が少なく温暖な気候のニューカレドニア。

年間平均気温は24℃です。
ニューカレドニアは南半球に位置するので、日本と季節が逆になります。
9~12月は春~初夏にあたり、比較的雨が少なく、気温もそこまで高くならないので過ごしやすい時期。
夏にあたる1~4月はスコールがざっと降る日が多くなり、ハリケーン(台風)が接近することもあります。
最も暑くなる2、3月の平均気温は27℃です。
そして、秋~冬の5~8月は、朝夕の気温がぐっと下がるので、羽織が1枚あると良いです。
7、8月は、気温が20℃を下回る日もあって、肌寒くて海で泳げないこともあります。

言語

公用語はフランス語。
ホテルやレストランでは、英語が通じるところもあります。

通貨

通貨は「パシフィック・フラン(CFP franc)」。
単位はXPFです。
1XPFは約1円(2019年9月現在)なので、計算がしやすいです。

日本からのアクセス

日本からヌメア国際空港(ヌーメア=ラ・トントゥータ国際空港)まで、直行便で8~9時間ほどで行くことができます。

時差

日本との時差は+2時間。日本が正午の時、ニューカレドニアは午後2時です。

物価

物価は日本より少し高めです。
というのもニューカレドニアはフランスや、近隣のオーストラリア、ニュージーランドからの輸入品が多く、コストがかかっているからです。
レストランでランチをするなら、1人当たり2,000~3,000 XPFほどかかるようです。

チップ

チップの習慣はありません。
チップに慣れない日本人にとっては嬉しいところです。

②ニューカレドニアのおすすめスポット

長文のため別記事に分けました。

ニューカレドニアのおすすめスポット           ニューカレドニアはとてもユニークな観光地。世界遺産に認定された世界最大面積のラグーン。本島のグランドテール島は美しい景観と冒険心をくすぐる遊び場のような場所。美しい無数の島々にはインスタ映えするような自然をご覧ください。

③航空会社とホテルの個別手配か、海外ツアーか!

パッケージツアーと個人手配の料金比較

条件を以下にして、比較しました。
・7日間で成田発であること
・出発日は2019年10月30日とすること
・ホテルはボーリヴァージュとすること

どこが1番安かったのか、結論から言うと旅工房(大阪発も)でした。
7日間で93,800円〜と安いです。

成田発【ビーチまで徒歩1分】シトロン湾がすぐ目の前のシンプルでスタイリッシュな『ボーリバージュ/スタンダードルーム』7日間|選べる特典付き93,800円〜

《大阪発・関空直行便あり!》早期予約がお得!シトロン湾がすぐ目の前!シンプルでスタイリッシュなホテル『ホテルボーリバージュ/スタンダードルーム』宿泊8日間104,800円〜

次に個人手配は、エクスペディア【航空券+ホテル】で検索しました。
スカイスキャナー、スカイチケット、アゴダも調べましたが、上記が安かったです。
飛行機代 +ホテル¥113,180(226,359÷2名)
旅工房ツアーのほうが送迎付きで1名¥19,380安いです。

④計画を立てたら必要な手配や手続きをとる

長文のため別記事に分けました。

ニューカレドニア旅行に必要な手配や手続きとは
期限のある手続きもありますので、早め早めの準備がおすすめです。
ニューカレドニア旅行に行かれる方はぜひご覧ください。

⑤ニューカレドニアへの準備

長文のため別記事に分けました。

ニューカレドニアへの準備:重要項目のまとめ!
特に重要な項目、その他気になることをまとめましたのでご覧ください。

特に重要な項目だけをまとめてあります。
その他、気になることは下記にまとめてあります。

⑥ニューカレドニア入国のながれ

入国時に必要な書類は、パスポート、帰国便チケット(もしくは第三国に抜ける航空券)、そして、検疫申告書およびニューカレドニア経済統計局アンケート(機内で配布)です。
航空機で到着した場合、まずイミグレーション(入国管理局)の窓口に向かいます。
そこを抜けると、バゲージ・ピックアップ。
その後に、通関、検疫を経て、無事入国です。

イミグレーション(入国管理局)

通関申告のための記入用紙はありませんので、無申告の場合には、通関をそのまま抜けて、検疫に向かいます。
まれにバッグを開けるように言われる場合があります。
その場合は指示に従ってください。
なお、免税範囲は以下の通りです。

タバコ類  紙巻きタバコ200本、もしくは小型葉巻100本、もしくは葉巻50 本、もしくはタバコ250グラム 
アルコール類  ワイン 2リットル、22 度を越える蒸留酒やスピリッツ類1リットル、もしくは22度以下の蒸留酒やスピリッツ類2リットル 
香水類  香水50g オードトワレ 1/4リットル 
コーヒー  コーヒー 500g もしくはコーヒー・エッセンス 250g 
茶類  茶類 100g 茶類のエッセンス40g 

※17才未満の旅行者には、上記のタバコおよびアルコール類の持込みに関する免税は適用されません。
それ以外 15歳以上の場合30000CFP、15歳未満の場合15000CFPを超える価格の物品を持ち込む場合に申告しなければなりません。

検疫

通関を抜けると、検疫です。
ここで、検疫申告書およびニューカレドニア経済統計局アンケートを提出します。
両面に記入する1枚の用紙で、通常、搭乗した飛行機の中で配られます。
記入方法については、エアカラン機内誌に説明がありますので、参照してください。
検疫申告書およびニューカレドニア経済統計局アンケートは、出入国書類のページに説明があります。

⑦手荷物はきちんと整理して、帰国はスムーズに

とうとう楽しい観光も終わり、日本への帰国です。
ホテルで飛行機搭乗時に預ける荷物と、携行する荷物をきちんと分けて、空港で慌てないように時間に余裕を持って準備しましょう。

ニューカレドニアから出国する場合、ロビーの右側に航空会社のカウンターがありますので、まずそこでチェックインします。
チェックインを済ませたら、余ったCFPがあれば到着ロビーへ行き、両替所で両替をします。
出国ゲートを過ぎると両替はできません。
その後、出国審査を受け、2階に進みます。
ここには免税店、免税品受け取りカウンターなどがあます。

以上で、「安いニューカレドニア旅行のノウハウ」は終わりです。
ニューカレドニアに行かれるご参考にしていただければ幸いです。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ニューカレドニアへの準備:重要項目のまとめ!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ニューカレドニア 旅行に限らず、海外旅行には準備は大切です。
特に重要な項目、その他気になることをまとめました。

気候・服装

下記は、ニューカレドニア の気候と服装です。

ニューカレドニアは南太平洋に浮かぶビーチリゾートです。
フランス領でヌメアはその行政所在地となっています。
亜熱帯気候に属し、年間の平均気温が24℃前後です。
一年中初夏のようにさわやかで、湿気も少なく大変過ごしやすいです。
一年中旅行に適しています。
5月~10月は涼しく、薄手の上着を持っていったほうがいいかもしれません。
特に6~9月はちょっと泳ぐには寒いくらいです。
10月~12月雨が少なく、からっとした晴天が続き、遊泳にも適した季節でベストシーズンです。
野山にはランや火炎樹の花も咲き乱れて美しい景観になります。
1月から4月は比較的雨が多くなりますが、一日中降り続くことは稀で2時間くらいのスコールが多くなります。

お金

ニューカレドニア の通貨・為替レート

通貨単位はフレンチ・パシフィック・フラン。
通常CFP、あるいはXFPと表す。
1フレンチ・パシフィック・フラン=約0.99円(2019年9月21日現在)。
紙幣の種類は500、1000、5000、1万フレンチ・パシフィック・フラン。
硬貨の種類は1、2、5、10、20、50、100フレンチ・パシフィック・フラン。

チップ

ニューカレドニア ではチップは不要です。
ホテルのポーターやレストランなどで親切にしてもらったら、感謝の意を表して「メルシー(ありがとう)」と言いましょう。

ニューカレドニアの両替方法

ニューカレドニアで使用する現地通貨の調達方法は、主に下記の2通りです。

両替所で現金を両替する

ニューカレドニア旅行に行くなら通貨を両替しなくてはと思うのが一般的です。
しかし、ニューカレドニア旅行時に現地通貨に現金を両替する行為は、メリットばかりではありません。
両替所で現地通貨に変えるのは、盗難や紛失のリスクはもちろんのこと、3〜10%の手数料が発生するためあまりおすすめできません。
ニューカレドニアはチップ制度もなく、ほとんどの支払いをクレジットカードで済ませられるので、両替は少ない金額で構いません。

セディナカードJIYU!DA!、セディナカードでATM海外キャッシング

セディナカードJIYU!DA!、セディナカードでATM海外キャッシングは、両替手数料0円、ATM手数料0円です。
海外キャッシングで両替して3〜4日後すぐに返済するのがベストです。 
海外キャッシングの利息は実は高くなく、2万円を4日後に返済した場合、20,000円×実質年率18%÷365日×4日で39円です。
ちなみに両替所で2万円両替すると、平均手数料6%だと約1,160円損します。

ATMは空港だけでなく、街中の至る所にATMがあり、24時間、年中無休で引き出せます。(裏を返せば、街中で両替所を探し、営業時間を調べるのは面倒なので、貴重な旅行時間を失います)
詳しくは、「最も安い海外旅行の外貨両替方法」をご確認ください。

セディナカードJiyu!da! について
《特徴》
・年会費無料等
《サービス》
・全国のセブンイレブン、イオン、ダイエーで最大1.5%ポイント還元等
《管理人から》
・Jiyu!da!のほうはリボ払専用カードですが、全額一括支払いも設定できます
・Jiyu!da!は、海外でのカード払いはポイント3倍(1.5%)なので、お得です
※本サイトの表記内容は2019年9月現在の内容になります。
正しい詳細に関しては株式会社セディナの公式ページをご確認ください。


セディナカードについて
《特徴》
・年会費無料
《サービス》
・全国のセブンイレブンで最大1.5%ポイント還元
・ショッピング保険/ネットセキュリティサービスも充実等
※本サイトの表記内容は2019年9月現在の内容になります。
正しい詳細に関しては株式会社セディナの公式ページをご確認ください。


●セディナカードは、 海外ATM引出し後、3,4日くらいで為替レートが明細に反映され次第、ペイジー払いで繰上返済が可能です。

つまり、利息は3,4日のみです。
ペイジー( Pay-easyというのは、インターネットバンキングやATMで電子的に支払いを行なうシステムのことです。
 
 

成田発【ビーチまで徒歩1分】シトロン湾がすぐ目の前のシンプルでスタイリッシュな『ボーリバージュ/スタンダードルーム』7日間|選べる特典付き93,800円〜

《大阪発・関空直行便あり!》早期予約がお得!シトロン湾がすぐ目の前!シンプルでスタイリッシュなホテル『ホテルボーリバージュ/スタンダードルーム』宿泊8日間104,800円〜

ニューカレドニアで使える携帯の準備(SIMカード)

プリペイドSIMを購入して携帯を使用するのが、最も安いです。
SIMフリースマホをお持ちでなければ、事前にSIMロック解除もおこなってください。
SIMロック解除方法は下記をご参照ください。 

ドコモ:SIMロック解除方法 

ソフトバンク:SIMロック解除方法

au:SIMロック解除方法

ニューカレドニアのWiFi利用で最も手軽なのが、 “ツーリズム・カード”Tourism card” という観光客向けのプリペイドSIMカードを利用する方法です。
ニューカレドニアでは島内82%のエリアで4G接続を提供しています。
このSIMカードを利用すれば、屋外でも快適なインターネット環境を実現できます。

購入はどこで?

SIMカードは、下記いずれかの場所で購入できます。

・トントゥータ国際空港のOPT(郵便局)カウンター (出発ロビーに位置し、フライト到着時と出発時にオープンしています。
・ ニューカレドニアのすべてのOPT(郵便局)
・Mobilis 提携の携帯ショップ(一部取り扱いがない店舗もあり)

ニューカレドニアでのインターネット接続やWi-Fi利用については、下記URLをが参照ください。

ニューカレドニア観光局

ツーリズムカードの詳細、設定方法などは、下記をご参照ください。

ツーリズムカード

以上で、「ニューカレドニアへの準備:重要項目のまとめ!」は終わりです。
ニューカレドニアに行かれるご参考にしていただければ幸いです。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ニューカレドニア旅行に必要な手配や手続きとは

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ニューカレドニア旅行のノウハウは、下記の通りです。

①ニューカレドニアの基本情報
②ニューカレドニアのおすすめスポット
③航空会社とホテルの個別手配か、海外ツアーか!
④計画を立てたら必要な手配や手続きをとる
⑤ニューカレドニアへの準備
⑥ ニューカレドニア入国までの流れ
⑦手荷物はきちんと整理して、帰国はスムーズに

今回は、④のニューカレドニア旅行に必要な手続きや手配について解説させていただきます。

日程や行きたいスポットなど、計画が決まったら予約や手続きに進みます。
期限のある手続きもありますので、早め早めの準備がおすすめです。
ニューカレドニア旅行で必要な手続き等は次のとおりです。

ビザ・パスポート・入出国

ビザ

観光目的で3ヵ月以内の滞在なら不要です。
それ以上の滞在になる場合は、在日フランス大使館でビザの申請が必要です。

パスポート

ニューカレドニア入国時に、有効期限は滞在日数プラス3ヶ月あることが必要です。

入出国時に必要な書類

以前は必要だった入国カードの記入はなくなりました。
入国時に必要な書類は、パスポート、帰国便チケット(もしくは第三国に抜ける航空券)、そして、検疫申告書およびニューカレドニア経済統計局アンケート(機内で配布)です。

入国時に必要な書類は、パスポート、帰国便チケット(もしくは第三国に抜ける航空券)、そして、検疫申告書およびニューカレドニア経済統計局アンケート(機内で配布)です。

成田発【ビーチまで徒歩1分】シトロン湾がすぐ目の前のシンプルでスタイリッシュな『ボーリバージュ/スタンダードルーム』7日間|選べる特典付き93,800円〜

《大阪発・関空直行便あり!》早期予約がお得!シトロン湾がすぐ目の前!シンプルでスタイリッシュなホテル『ホテルボーリバージュ/スタンダードルーム』宿泊8日間104,800円〜

海外旅行保険など

海外旅行保険付帯クレジットカードは何枚必要

旅行保険を持っておくべき一番の理由は病気やケガに備えることだからです。
旅行のトラブルで圧倒的に多いのが、渡航先での病気やケガ
はじめて目にするものばかりなのでキョロキョロしながら歩いていてケガをしたり、人混みでカメラやバッグ、スマホを盗られる危険性もあります。
保険なしで旅行に行くのは危険です。

旅行保険は、目標の補償金額に満たない場合には別のクレジットカードを発行することで保険金額を「合算」することができます。
※事故死、後遺障害は合算できません。
つまり、旅行保険が付帯する2枚のカードを持っていれば、旅行保険を2つ「重ね掛け」するのと同じ事になります。

なので、安価で済ませられるクレジットカードに付帯する海外旅行保険を使ってニューカレドニア旅行に行く事をおすすめします。
ニューカレドニアはフランス領なので、付帯保険の医療費用は500万円程度あれば安心と言われています。
そのため、ニューカレドニアは必要数3枚です。
ただ、おすすめ1位のエポスカードの疾病の補償額は270万円のため、200万円の補償額カードと合わせれば470万円となり、ほぼ500万円をカバーできることになります。
国別に必要な治療費用の目安は下記にまとめました。

これらは全て重篤なケースを想定したものです。
軽い治療で済むならどの国でもこれほどの費用は必要ありません。

もちろん、最終的な判断は、海外旅行に行く人それぞれが行うことです。

保険付帯カード 選び方

● 「疾病傷害費用」の保険金額で選ぶ。
● 自動付帯が便利。
● 保険付帯カードは、死亡後遺障害以外は限度額が合算される。

以上をふまえて厳選する年会費無料のクレジットカードはおすすめ順に下記3枚です。

1位
エポスカード(VISA)

■年会費永久無料で、若年層の初めて持つカードとしても人気です!
■マルイはもちろんVisa加盟店でポイントが貯まる!
入会時2,000円分ポイント、通常0.5%、飲食店・カラオケ店で最大5倍、提携店舗ショッピングでボーナス、ネットショッピングで2〜30倍、旅行・ホテルの会員用サイト予約で最大6倍、アプリのミニゲームで毎日最大3ポイント等
■年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯しているのも魅力
事故死/後遺障害:500万
疾病:270万 障害:200万
賠償責任:2,000万
携帯品損害:20万
救援者費用:100万

2位
REX CARD(Mastercard/VISA)

■本会員カードはもちろん、家族カードもETCカードも年会費無料です!
■最高レベルの還元率でポイントが貯まる!
JACCSモールをご利用された場合、REX POINTとは別にカードご利用金額の0.5%から最大12%に相当するJデポをプレゼント。
いつでもどこでもカードを使うたびに1.25%のREX POINTがたまります。
価格.com安心支払いサービスにてREX CARDをご利用いただいた場合、ポイント還元率が1.5%にアップ!!
■年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯しているのも魅力
事故死/後遺障害:最高2,000万
疾病/障害:200万
賠償責任:2,000万
携帯品損害:20万
救援者費用:200万
エポスカード がVISAしかないので、Mastercardにするとバランスが良いです。
最もお得な外貨両替方法 にも書きましたが、国際ブランドの為替レートはVISAよりMastercardの方が安いので、海外で使用するにはMastercardがお勧めです。

3位
ジャックス横浜インビテーションカード(Mastercard)

■J’sコンシェルの様々なおトクなサービスを受けることができます。
■国内外を問わず、ジャックスカードで購入した品物について、購入日から90日間、盗難・破損などの偶然な事故によって被った損害を年間100万円(1事故につき自己負担3,000円)まで補償いたします。
■年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯しているのも魅力
事故死/後遺障害:最高2,000万
疾病/障害:200万
賠償責任:2,000万
携帯品損害:20万
救援者費用:200万

以上がニューカレドニア旅行前に準備しておくべき手配や手続きの情報でした。
これだけ準備しておけば安心してニューカレドニア旅が出来るはずです。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ニューカレドニアのおすすめスポット3選

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ヌメア

ニューカレドニアの首都ヌメアは海沿いの街です。
街にはいくつもの入り江があり、たくさんのビーチや素晴らしいビューポイントが集まっています。
そんな美しい自然環境に囲まれる一方で、ヌメアの街は文化的にもとても魅力的です。
訪れた旅行者の心をとらえて離しません。

イル・デ・パン

南太平洋の宝石箱とたとえられるイル・デ・パンは、あらゆる旅人を魅惑する島です。
言葉では表現しつくせない海の美しさ、南洋杉が立ち並ぶ静寂感、住民の温かい挨拶が旅人の心を和ませます。
今でも漁に使用される帆掛け舟(ピローグ)に乗ってみてはいかがでしょうか。
青海原を見つめて我を忘れている間、爽やかな風が優しくあなたの頬を撫でてくれます。
ヌメアから国内線航空エア・カレドニアで25分。
離島のなかではもっとも便数が多く、またヌメアからの日帰り旅行に便利な時間帯に設定されています。
高速船エアショ号では片道2時間半ほどかかります。
イル・デ・パンには公共の交通機関はありません。
宿泊施設の車が頼みの綱。
他にホテルで借りる自転車も頼もしいサポーターです。
クトからバオ周辺までは自転車でも行きやすくサイクリングが楽しめます。
オロ周辺は道が悪いので自転車での移動は困難です。

私は、ヌメアのホテルからオプショナルツアーで参加しました。
飛行場までと現地では、ツアー会社の車で送迎、島まではプロペラ機利用、食事付きのツアーでした。

イル・デ・パンには公共の交通機関はありません。宿泊施設の車が頼みの綱。

VELTRA イルデパン島! 飛行機で行く日帰りツアー<昼食付/日本語ガイド>XPF 40,000(税込)〜

カヌメラ・ビーチ

やや小さめで砂もベージュ色っぽいけど、南洋杉に囲まれた入り江の海の青さは他に比べようのない美しさです。
張り出した岩の周りを水中マスクをつけて一周すればたくさんの熱帯魚たちに出会えます。

クト湾

世界でも名高い、イル・デ・パンのビーチの美しさ。
その中でも最も美しいビーチの一つと言われるクト湾は、ヌメアから連絡船ベティチョでイル・デ・パンへ到着する時、私達を一番最初に出迎えてくれるビーチでもあります。

ニューカレドニアのツアー最安値は、「旅工房」でした。(2019年9月時点)

成田発【ビーチまで徒歩1分】シトロン湾がすぐ目の前のシンプルでスタイリッシュな『ボーリバージュ/スタンダードルーム』7日間|選べる特典付き93,800円〜

《大阪発・関空直行便あり!》早期予約がお得!シトロン湾がすぐ目の前!シンプルでスタイリッシュなホテル『ホテルボーリバージュ/スタンダードルーム』宿泊8日間104,800円〜

ウベア島

ウベア島は、ひたすら青い海をみるために行く島。ただし、青いといってもいろんな青があります。
深い青、澄んだ青、エメラルド色に近い青・・・
どんなフォトグラファーの写真でも、どんな詩人の言葉でも、この美しさをありのままに伝えることは至難の業です。
そのくらいに不思議な表情をみせる青い海なのです。

ムリ橋、アナワのブルーホール、教会、そしてビーチ。
いわゆる観光ポイントがあるのではなく、ひたすら壮大な自然が美しい島です。
その神秘的な美しさを前にすれば、誰でも感動するでしょう。

時間を忘れてぼぉっとして、持ち帰るのは思い出と記念写真。
何もしない贅沢とは、この島での滞在にもっともふさわしい言葉です。

移動方法

ヌメアのマジェンタ空港から国内線エア・カレドニアで約35分。
ウベアへは便数が少ないので、日帰りツアーにチャーター便を用いることもあります。

公共の交通機関はありません。
宿泊施設にトランスファーを依頼してください。なお、島の酋長の許可を事前に得なければ見学できないところがかなりありますので、地元ガイド付のツアーで観光することをおすすめします。

天国にいちばん近い島はどっち?

最も南に位置する島、イル・デ・パン。
天国までの距離をウベア島と競えるのは、イル・デ・パンをおいて他にはありません!
オロ湾やクト湾、カヌメラ湾など、美しいハーモニーを感じさせる景色は目を見張るばかりの素晴らしさです。
また収容所跡地では、今日までの歴史を感じさせる感動的な体験が旅人を待っています。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ