テ・アナウのツチボタル洞窟は神秘的な世界 ! 安い海外旅行編

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

クィーンズタウン2日目

オプショナルツアーでテ・アナウのツチボタル洞窟ツアーへ行きました。
ツチボタルは、ニュージーランドのテ・アナウと南島のワイトモ、オーストラリアと世界でも4カ所ほどでしか見ることができません。
せっかくニュージーランドに来たら、ぜひ見に行ってください。

06:45 ホテルお迎え
06:55 クイーンズタウン出発
09:30 テアナウ、リアルジャーニーズオフィス到着。土ボタル見学まで、自由行動
周辺の散策や、昼食(別料金)。解散・集合場所は、テアナウの町中心街。
13:40 テアナウ、リアルジャーニーズオフィス集合。乗船手続き
14:00 テアナウ洞窟へ向けて出港
14:40 テアナウ洞窟入口到着。テアナウ洞窟、土ボタル見学
15:40 見学終了。テアナウに向けて船が出発。
16:30 テアナウ到着。到着後、自由時間。
17:15 クィーンズタウンに向けて出発
19:30 クィーンズタウン到着。

テ・アナウに着いて、4時間ちょっとの自由時間です。
景色のきれいなところを散歩します。
南島にずーと歩いて行くと、この街の象徴とも言えるクィンティン・マッキノン像があります。

街のど真ん中、リアル・ジャーニーズオフィスの向かい側の大きな交差点に、大きな青い鳥の像があります。
「タカヘ」という鳥らしいのですが、すごいインパクトです。

スーパーマーケットや各種レストラン、ショップなどは、タカヘ像のあるタウン・センター沿いにあります。
街の北西側に端に、和食レストランがあります。
そこで昼食をとりました。
この店にもワーキングホリデーで20代前半の女の子が働いていました。

時間になったので、リアルジャーニーズオフィスで乗船手続きです。

桟橋を渡って、この船で出港です。
たくさんの観光客がいて、座るところがなかったのです。
1人で来たニュージーランド北島に5年ほど在住している日本人青年が、席を譲っていただき、2人並んで座れました。
日本人は、我々3人ぐらいでした。
写真にちらっと写っている東洋人たちは、台湾人グループです。

この先で、ツチボタルの説明を受け、洞窟に入っていきます。

洞窟内は、撮影禁止です。
リアルジャーニーズさんのHP画像です。
小舟に乗ると、おしゃべりも禁止です。
グロウワームと言われるツチボタルがデリケートな生き物で、光や音が悪影響を与えるようなことを言ってました。

グロウワーム、光の正体です。

有料ですが、洞窟出口で写真を撮ってくれ販売しています。
帽子をかぶった、オークランドで5年以上働いた青年と記念撮影です。
長年ニュージーランドで働いたので、日本へ帰る前に自分へのご褒美で南島等を旅しているそうです。
働いたお金で車を買い、テアナウ までその車で来たそうです。
昨日から異国で頑張っている日本の若者3名に会いました。

洞窟を出た建物では、コーヒーをサービスしてくれます。
これまでの写真でお分かりと思いますが、結構厚着でしょ。
11/14なのですが、洞窟内は常に8~12℃です。
この後、船でテアナウ に戻ります。
そして、各ホテルまで送ってくれます。

今回ご紹介した「テ・アナウのツチボタル洞窟」は、JTB現地オプショナルツアーか催行社リアルジャーニーズ直接の2種類となります。
クィーンズタウン 発の大人価格は、JTBがNZD174、リアルジャーニーが$5安いNZD169です。
リアルジャーニーズは、説明は日本語ですが、申込は英語です。
JTB現地オプショナルツアー テアナウ洞窟 土ボタル見学1日ツアー

リアルジャーニーズ テ・アナウのツチボタル洞窟URL


≪満点の星を味わうテカポ星空観賞ツアー付≫カンタス航空経由便で行くニュージーランド8日間●クライストチャーチ2泊×テカポ1泊×クイーンズタウン2泊≪成田発着≫

≪満点の星を味わうテカポ星空観賞ツアー付≫カンタス航空経由便で行くニュージーランド8日間●クライストチャーチ2泊×テカポ1泊×クイーンズタウン2泊|ホテルは3つ星ホテル指定≪大阪発着≫

 ランキング参加中のため下記を押していただけると幸いです。
      ⬇︎

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ