安い海外旅行 フィリピン セブ島 モアルボアルでウミガメ、ジンベイザメと泳ごう!その3

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

フィリピン モアルボアル4日間のスケジュール

1日目
15:25 関西空港発 19:10 セブ・マクタン空港着
19:20   ホテルの送迎車にて 途中ATMでペソをキャッシング、トイレ休憩3回
23:15 マルコサス コテージ リゾート着
2日目
スノーケリング
3日目
4:00 ジンベイザメウォッチングツアー スノーケリング
4日目
3:30 ホテルの送迎車にてセブ空港へ
5:50 セブ・マクタン空港着
9:15 セブ・マクタン空港発
14:25 関西空港着

今回は、2日目スノーケリング後からの旅行記を投稿します。

付近をお散歩

パナグサマビーチでは、ウミガメと泳ぎ大満足しました。
次は、ホワイトビーチも行ってみようかなと歩き出します。

しかし、ダイバーズショップには、下のようなポスターでウミガメがいるよと宣伝しているのに・・・。
もっとうまく宣伝すれば、もっと観光客が来るのにと思いました。

かれこれ迷いながら30分以上歩いたのですが、ホワイトビーチにたどり着けません。
スマホで調べたところ、ホワイトビーチは歩いていけるような場所ではないことがわかりました。
結局、単なる付近のお散歩になってしまいました。
セブ島に来て思ったことは、とにかく犬が多い。
飼い犬の放し飼いだと思うのですが、昼寝などして、道を我が物顔に占拠しています。
車が通るときは、クラクションを何度も鳴らして追っ払ってました。
写真の犬はまだましですが、ほとんどの犬が痩せこけていました。
村では、ニワトリやヤギなどの家畜を飼っているところも多く見うけられました。

フィリピンらしい画像というか、名物のトライシクルです。

さんざん道に迷い、スノーケルセットの返却時間3時間を超えてしまいましたが、追加料金なしで返却しました。
そして、当初の目的であったモアルボアルのダイバーズショップ プラネットアクションアドベンチャーで、ジンベエザメウォッチングツアーを予約に行きます。
何件かのダイバーズショップで、「Whale shark watching tour」という文字を見かけました。
本命の前に、別のダイバーズショップで「Whale shark watching tour」をやっているか聞きましたが、やっていませんでした。
レストランも経営しているプラネットアクションアドベンチャーで、質問して予約をしました。
モアルボアルの女性は、みんな愛想のいい人ばかりなのに、最悪な女性でした。
価格は、車の運転手兼案内係往復が3000ペソ、現地受付で1000ペソ(実際現地では1,100ペソ支払った)と日本円合計約8,500円は破格の安さです。
その代わり、車はジープ(ぼろそうな呼び方)だとのこと。
安いオプショナルツアーのVELTRAは、セブ市内のホテルからの送迎と距離は全然違いますが、日本円で約13,000円です。
ちなみに、下記が一般的な相場です。
■大手旅行会社(HISなど):2万3千円
■ダイビングショップ:1万5千円〜8千円

VELTRA ジンベイザメツアー基本プランUSD 117.00 ~

また、ホテルのピックアップ時間は、夜中の4時ととても早いのには驚きました。
ただ、オンリーワンで、ジープも案内係も貸し切り状態のようです。

遅めの昼食とお散歩で屋台へ

ウミガメに夢中になりすぎて、すっかり昼食の時間帯が過ぎ、もう午後の3時45分頃です。
フィリピンに来て、あまりおいしい食事にありついていません。
下調べした評判の良いレストランの前を通るも、あまりおいしそうに思えませんでした。
うろちょろしている間に、おいしそうな香りがしてきました。
肉を炭火で焼いているではありませんか!
肉に照り焼き風のたれを縫って焼いています。
その煙と香りが、日本の焼き鳥屋さんの感じです。
フィリピンの人は、これをバーベキューと呼んでいます。
何の肉かをたずねたら、ポークとチキンだそうです。
4日間滞在しましたが、なぜかセブ島では、ビーフの料理はないです。
翌日食べたハンバーガーぐらいでしょうか。
どうもテイクアウトメインみたいだったので、準備中のバーで食べていいか聞いたところ、OKをもらいました。
半分焼いたものをストックしておいて、仕上げまで焼くのに5分ほど時間がかかるとのことでした。
準備中のバーで、ビールをいただきながら待ちました。
どのレストランもバーも、海の家のような感じです。
パナグサマビーチでは、このバーベキューを出している店は、2件でした。
私が行ったのは、宿泊しているマルコサス コテージ リゾート側の「Majona Scooter Rentals」というレンタルバイク屋の斜め向かいです。
ビール50ペソ、バーベキューポークビックが40ペソでした。
本当においしいと思いました。
日本円で合計約190円というのにも驚きです。

屋台風Ha-Jo’sで本格的な夕食を

そういえば、道に迷ったとき、先ほど食べたバーベキューをおいしそうに焼いている屋台風の店があったことを思い出しました。
ホテルから歩いて15分から20分ほどの距離ですが、行ってみました。
マルコサスコテージリゾートからメイン道路に歩いて3差路の正面に、とばく場があります。
そこを右に曲がって15分ほど歩いた道路の右側にある屋台風の店舗Ha-Jo’sです。
右側のピンクの縞シャツを着ているのがお母さん、緑シャツを着てバーベキューを焼いているのが娘、その左側がおばあさん、右端で見てるだけで働かないのが息子という家族経営です。
そういえば、この辺の子たちは、ここの息子を除いて、みんな親の仕事を手伝っていました。(5歳ぐらいの子も食材を入ったかごを頭に乗せて運んだり)
お店は、結構繁盛しているようです。
カウンターにもお客さんがいましたし、地元の人たちは、バーベキュー済みのものや生のものをテイクアウトで買っていました。
この店に日本人が来るのは、珍しいようです。
町はずれの屋台ということありますが、4日間のモアルボアル滞在で日本人を見たのは、たったの5人(全て女性)だけでした。

まずはビールを頼んだのですが、大きいサイズしかないとのこと。
どれくらい大きいかは、隣の1.5Lのペットボトルと比較していただければと思います。

バーベキューは、先ほどの店のように半分焼いてストックしていないので、時間がかかります。
その前に、野菜が食べたくて、惣菜で用意してあるものを頼みました。
そうしたら、辛いスパイスや故障をたっぷり入れて(ラー油みたいなスパイスは少ししかいらないと制したのですが)、スープを入れたフィリピン風野菜ヌードルでした。
辛過ぎでした。

バーベキューは、ポークとチキンを1個づつ頼みました。
先程の店のようにポークビックはないのか尋ねたら、無いので2本、3本と注文してくださいとのことです。
味は、抜群に良かったです。

ソーセージも頼みました。(一口かじってから、写真を撮ってしまいすいません)
このソーセージは、おいしくなかったです。
ポークやチキンを注文してください。
あのどでかいビールも含め、値段はなんと260ペソ(約550円)!
安過ぎます!

賭博ゲームに挑戦!

おいしい食事も終わり、ホテルへ帰る3差路には、賭博場があります。
欧米人や地元の大人や子供達が、ゲーム感覚でやっていて、面白そうだったので写真を撮りました。
賭博場というより、祭りの夜店のような雰囲気です。
帰ろうと歩いていると、「日本人ですか? 賭博ゲームしませんか?」とスタッフではない地元民に誘われました。
ちょっとだけといって、賭博ゲームをやる羽目になりました。
ルールは簡単でした。
参加者が、4個のピンポン玉を真ん中の入れ物に入れて、下のどのカードに止まるかを当てるものです。
4個とも入れ物に入らなかったり、場外に出た場合は、ノーカウントでやり直しです。
10回ほど賭けて、最初は良かったのですが、結局負けてしまいました。
40ペソ(約85円)程すってしまいました。

明日は、ジンベイザメツアーのピックアップが夜中の4時です。
次回は3日目のジンベイザメツアーの旅行記をご紹介します。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

アバター

投稿者: katsumi

毎年、海外旅行に行っており、世界17カ国を回りました。 いろんな失敗も経験済みです。 タクシーで遠回りをされたり、チップをくれと蛇行運転されたりしたこともあります。 国によって注意点とか、常識、宗教、スマホ事情などが違います。 イスラム教の人達は、異性と肌が触れるのが駄目なのか、飛行機の席の交代をお願いされたことがありました。 事前に知って、準備をしていれば、きっと楽しい海外旅行になるでしょう。 海外旅行を通して外国のことを知ると、日本の本当の良さを知ることになります。 安く、楽しく、後悔しない海外旅行をしたい方、すでに海外旅行経験済みの方と情報交換したいです。 ここでの情報で、海外旅行へ行きたい、行って良かったという人が増えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。