BEST5ビーチリゾート!夏休みにおすすめの海外旅行先は?

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

定番の南国リゾートから近年注目の東南アジアのビーチまで、リゾート旅行におすすめのエリアをご紹介!
観光スポットやフライト時間、ホテル情報も必見!
夏休みにおすすめ!
海外人気ビーチリゾートランキングBEST5!

ハワイ(オアフ島)

不動の人気No.1は、やっぱりハワイ。
女子旅やハネムーン、家族旅行に大人気!
その魅力は、空港に降りたった時に流れるゆったりとした空気感から始まります。カラッとした温暖な気候、美しいビーチ、そしてグルメやショッピングなど誰もが楽しめる要素が揃っています。
ホテルやツアーも日本語対応スタッフが多く、初めての海外旅行でも安心。ゴルフやフラダンスなど、現地でこそ楽しめるアクティビティも充実。
また来たい!とリピーターになるファンが多いのもハワイの特徴です。
「ハワイ旅行の安い行き方!」をご参照ください。
オアフ島在住日本人が旅行をサポートしています。

オアフ島在住日本人よるタウン・コンシェルジュサービス「トラベロコ」

フライト時間 :直行便 約6時間半~
出発地(直行便):羽田・成田、札幌、中部、関西、福岡
時差 :19時間(簡単計算:日本時間+5時間-1日)
おすすめ旅行日数 :4泊6日~
通貨 :1 USD(米ドル)=約111円
物価 :日本より高い

4泊6日の8月ツアーで調査の結果、関西発は旅工房、エアトリ、関東発はエアトリ、近畿日本ツーリストの順で安かったです。

グアム

個人的にはグアムがおすすめで、3回も行っています。

グアムがいい理由

① 飛行機で3.5時間ととにかく近い!そして、時差がたった1時間

子供を連れて飛行機に乗るのは、親としては不安がつきまとうものですが、グアムなら飛行時間は3.5時間。
子連れの国内旅行に人気の沖縄は 飛行機で羽田空港から2.5時間と思うと、たった1時間の違い。
グアムの場合、国際線なので、日本航空(JAL)なら、エコノミークラスでもすべての座席にパーソナルモニターがついています。
パーソナルモニターで子供向けのテレビを見たり、ゲームをしたり、ご飯が出てきて食べたり…。
そうしているうちに、あっという間にグアムに到着です。
しかも、時差はたった1時間。時差ボケで大変な思いをしなくて済むのはもちろん、生活リズムが乱れないので、寝る時間やご飯の時間の調整などをしなくてよく、親もラクチン。
もちろん、生活リズムが乱れないということは、帰国した翌日から幼稚園や学校、仕事の予定があるスケジュールでもOKということ。
限られた休みしかなくても、有効に楽しむことができます。

② 海外ビーチリゾート感を存分に満喫できる絶景がたくさんある

面積がハワイより小さいぶん、レストランのバリエーションや、買い物スポットの場所は、グアムのほうが少ないです。
けれど、わざわざオプショナルツアーで時間をかけていかなくても、ホテル前の海が透き通るようにきれい。
しかも、そのホテルの前の海は、スノーケリングが楽しめるくらいの豊かな生態系に恵まれています。
サンセットが見える場所もたくさんあり、これもわざわざ遠方まで見に行かなくとも叶います。
雨上がりには、大きな虹もよく出ます。
こんなすばらしい場所が、日本からたった3時間の場所にあるなんて、まさに楽園です。

③ 日本語が通じる

ヤシの木に真っ青な海…空港を出た瞬間から、まさに海外のビーチリゾートらしい雰囲気を味わえるのに、日本語が通じます。
ツアー旅行者なら、日本人または日本語の通じる方が添乗員さんとしてホテルまで案内してくれます。
実際、ツアーで参加したときに、ホテルのチェックインが終わるまで、まったくひと言も英語をしゃべらなかったこともあるほど。
個人旅行者でも、マイナーなところへ行かない限り、英語で困ることはないと思います。
街に出ても、看板に日本語が並ぶお店、日本語メニューを用意しているお店もたくさんあります。もし子供が困ったときに英語で説明できるかなという不安もいりません。
そのうえ、グアムには日本人医師が経営する「グアム旅行者クリニック」があります。
万が一のときも心配いりません。
英語が少し、不安な方は「旅の指さし会話帳アプリ「YUBISASHI」22か国以上対応」インストールするのをお勧めします。
現地で活用するならば、全ページが揃った有料版を購入しておくのがオススメです。

旅の指さし会話帳アプリ「YUBISASHI」22か国以上対応

旅の指さし会話帳アプリ「YUBISASHI」22か国以上対応
開発元:YUBISASHI (Joho Center Publishing CO,Ltd)
無料
posted withアプリーチ

④ 子供向けのプール、遊び場、おもちゃ屋、レストラン、ホテルの施設がたくさんある

グアムに足を運ぶたび、グアムって本当に“キッズフレンドリー”な場所だなと思います。
ベビー&キッズプールを用意しているホテルも多いし、ウォーターパークも何軒かある、プールで浮き輪を使っていても叱られることはありません。
おもちゃ屋さんもたくさんあるし、雨のときに助かる室内プレイパークもたくさん。
ホテルやレストランも、“ファミリー”を意識したサービスが用意されています。
だから、子供が飽きることもないし、なにより親が随分助かります。 

⑤ お母さんのショッピング欲も満たせる買い物スポットがある

グアムに行く前は、ショッピングするなら、断然グアムよりハワイでしょと思い込んでいました。
けれど、子供との旅行は、いちばんの目的が買い物ではないので、意外と満足できるというママさんたちの感想が多いです。
さらにうれしいのは、州税がかからないこと。
ブランドものを買うのにしても、日本より安いものが多い上に、州税なし。
しかも、ハワイに行くよりも旅費は安くおさまるので、なんだかお得な気分に。
ちなみに、グアムでいちばん好きな買い物スポットはと聞かれたら、「グアム プレミア アウトレット」にある「ロス・ドレス・フォー・レス」と答えます。
全米で展開するアウトレットストアなので、ご存知の方も多いかもしれません。
洋服や靴から、子供のおもちゃに日用品にインテリアまで、幅広いカテゴリの商品が、所狭しと並ぶお店です。
実は、1000店舗以上あるチェーン店のなかで、グアム店の売り上げが全米No.1なんです。
この話を聞いたとき、とてもびっくりしました。
けれど、実際にお店に足を運んでみると、朝早いオープン時間にもかかわらず、ローカルの方、旅行者の方でいつも賑わっています。
レジ待ちの大行列もできるほど。
それだけ人気で商品の回転率が早いからか、滞在中に何度足を運んでも、毎回必ず戦利品がみつかるんです。
ブランドものを激安で発見したこともあるし、とにかく宝探し感が楽しいです。
グアムを訪れたら、絶対に足を運んでもらいたいお店です。
なので、ラクチンに、ストレスなく、行くという視点で考えると、子連れにはグアムがいちばんおすすめです。

また、グアム在住日本人がご旅行をサポートしています。

グアム在住日本人よるタウン・コンシェルジュサービス「トラベロコ」

フライト時間:直行便 約3時間半~
出発地(直行便):成田、札幌、中部、関西、福岡
時差 :+1時間
おすすめ旅行日程:3泊4日~
通貨:1 USD(米ドル)=約111円
物価:日本よりやや高い

3泊4日の8月ツアーで調査の結果、旅工房が最も安かったです。

セブ島

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7,000を超える島を持つフィリピンの中でも、リゾート地として名高いセブ島。
サンゴ礁が美しいエメラルドグリーンの海に囲まれ、波が穏やかなことから家族旅行にもおすすめです。
親日国なので、病院などでも日本語サポートが受けられるのも安心。
セブ島といえば何と言ってもジンベエザメと一緒に泳げるウォッチングツアーが人気!
世界一の魚と透明度の高い海で泳いでみては?
また、多くの島がセブ島近くに点在し、島をいくつか巡ってシュノーケリングやBBQを楽しむアイランドホッピングも人気。
南国リゾートを満喫できます!
詳しくは、「安い海外旅行 フィリピン セブ島 モアルボアルでウミガメ、ジンベイザメと泳ごう!」をご参照ください。

また、セブ島在住日本人が旅行をサポートしてくれます。

フライト時間:直行便 約5時間~
出発地(直行便):成田、中部、関西
時差 :+1時間
おすすめ旅行日数:3泊4日~
通貨: 1 PHP(ペソ)=約2円
物価:日本より安い 約1/2~1/4

3泊4日の8月ツアーで調査の結果、関西発は旅工房、成田発はエスティーワールドが最も安かったです。

エスティーワールド

バリ島(インドネシア)

「地上最後の楽園」「神々の棲む島」と世界中から人気を集める魅惑のアジアンリゾート、インドネシア・バリ島。
日本人に人気のエリア、ヌサドゥアは白い砂浜と穏やかな波の美しい海が広がり、大型リゾート+ビーチフロントで時間を忘れてゆったりと過ごしたり、パワースポットの宝庫と言われるウブドで癒しの旅を満喫することもできます。
また、雨期でも雨が少なく、一年中リゾートや観光を楽しめます。
伝統文化に触れ、エキゾチックな南国を経験してみるのもおすすめです。

フライト時間:直行便 約7時間半~
出発地(直行便):成田、関西
時差 :-1時間
おすすめ旅行日数:3泊5日~
通貨:1,000 IDR(ルピア)=約8円
物価:日本より安い 約1/2~1/4

3泊5日の8月ツアーで調査の結果、関西発は旅工房、羽田発はエアトリが最も安かったです。

ハワイ隣島

羽田・成田からハワイ島への直行便が就航したことにより、注目度が上がったハワイ隣島群。華やかなホノルルとは違い、圧倒的なスケールの大自然を目のあたりにできるのも、大きな魅力の1つです。ハワイ諸島最大の島、ハワイ島では両脇に溶岩が広がる広大な道に情緒あふれる素朴な町、神聖なハワイの史跡など、広大な島に観光スポットがたくさん揃っています。マウイ島やラナイ島など近隣の島には、オアフ島を中心に国内線やフェリーで渡る事も旅慣れた人には人気です。

フライト時間:
ハワイ島 直行便(成田・羽田)約7時間半~ マウイ島 オアフ島乗継約35分
時差 19時間:(簡単計算:日本時間+5時間-1日)
おすすめ旅行日数:オアフ島+1泊2日~
通貨:1 USD(米ドル)=約111円
物価:日本より高い

5泊7日のの8月ツアーで調査の結果、旅工房が最も安かったです。

本記事が、よき夏休みの旅行に役立てましたら幸いです。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

おすすめサービス! 日本人の友達と情報を海外でゲット!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

海外に日本人の友人がいて、もし現地のマニアックな場所を教えてくれたり、現地交流のハブになってくれたりしたら、どんなに素晴らしい旅になるでしょう。
しかしながら、行きたい国にたまたま友人が住んでいるなんてことは、ほとんどの人にとってはあり得ないことです。
そんな時に便利なのがトラベロコで、現地に友人がいなくても、旅行案内をしてくれる人が見つかります。

海外在住日本人(ロコ)が旅をお手伝いします

トラベロコでは現地在住日本人をロコと呼んでます。
世界中のロコがもっている知識や経験、能力がサービスとして提供され、海外旅行を楽しくしてくれます。

ロコが持っている知識や経験、能力をサービスとして提供することで、今まで出来なかったあなたの『したい』を実現するお手伝いをします。
海外旅行の際、テレビで見たあのお店に行ってみたい、雑誌で紹介している観光プランを自分でもやってみたい!
また、お買物中やレストランの注文時など、こんな時に誰か教えてくれたり、サポートしてくれる人がいたらなあと思った事はありませんか。
でも現地に詳しくなかったり、知り合いもいないから、実現出来ずに悔しい思いをしませんでしたか?
トラベロコは、ロコが持っている知識や経験、能力を使って、そんな海外でのあなたの「したい」をかなえてくれる場を提供します。

特徴1:海外在住日本人

トラベロコは世界170カ国2364都市在住の日本人45,500人以上が登録する日本最大級の日本人向け海外プラットフォームサービス(個人ガイド・通訳サービス)です。(2019年6月現在)
2018年10月時点でのユーザー登録者数が10万人超。
海外在住日本人にとってのサービス知名度は高いのですが、国内ではほとんどメディア露出してこなかったため、国内の認知度はまだまだ低いサービスです。
世界170カ国2200都市以上の在住日本人3万8000人以上が、旅のサポートをオンライン・オフラインで対応してくれます。
「日本で育った人」のみをホストに採用する独自の基準にしています。
不安な海外で頼りにする相手を探すサービスであるため、期待したサービスではなかったり、ミスマッチが起きた時のゲストの落胆は大きいです。
そこで、相手のニーズが言語化されてなくても察することが得意な「日本で育った人」のみをホストとして審査OKにしています(国籍が日本でなくても日本で育った人はOK)。
ホスト登録者の属性を限定しまうことで差別につながるのではとの批判も多いらしいです。
しかし、運営へのクレームがやがて静まるほど、明確なメリットがあったそうです。
現地の日本人にしても、移住して知った情報を、同じ日本人に共有したい人は多いようです。

特徴2:無料質問

現地で案内を頼みたい人の見える化が図られています。
いわゆるロコに個別にメッセージを送れます。
国別の掲示板に質問投稿するのは無料でできるようです。
最大200人以上の指定したエリアのロコ全員に質問できます。
平均10人以上のロコから回答があります。
一例として、バンコクのおすすめスポットなどを質問したところ、2日間で28件もの回答が得られたそうです。

特徴3:サービス取引

サービス利用者は、旅先での街案内やショッピング通訳、レストラン予約など現地在住者(ロコ)に直接依頼し、サービス提供を受けられます。
具体的には、下記サービス等を提供しています。

現地案内・ツアー
同行アテンド
現地ツアー・体験・アクティビティ
現地送迎
空港送迎
事前相談
観光プラン作成
滞在相談・サポート
予約・手配代行
レストラン予約
チケット予約
ホテル予約・宿泊・ホームステイ
買付・購入代行
通訳・アテンド通訳
外国語翻訳
英語翻訳・英文翻訳

たとえば観光プラン作成等は、550円から依頼できます。
旅行中困ったことがあった時にサポートとしてくれたりします。
依頼したユーザーの90%以上がサービスに満足されています!
旅行会社の送迎サービスやアシスタントサービスを利用するよりはるかに安いです。
例えば、私が来月行くイタリアのパレルモの航空ホテル間送迎は、旅行会社の請求は1人7,000円からです。
しかし、パレルモのロコさんは1人~3人で3,300円からです。
1人であればバスという選択肢もありますが、2人以上であればトラベルロコを利用しています。

今後の皆さんの海外旅行サポートとして、トラベルロコをぜひご活用ください。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

おすすめはタクシー! フィリピンの交通手段について

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

フィリピンを観光する際、タクシーの相場や交通手段を把握することはとても大切なポイントです。
市内を安全かつスムーズに観光するためには、ちょっとした知識が必要です。
そこで、フィリピン観光をする際のおすすめ交通手段をご紹介します。
ぜひ旅行前にチェックして、スムーズに安全に移動できるよう準備しましょう!

1. 空港から目的地へはタクシー!でもタクシーの種類に注意!

フィリピンの空港からホテルや目的地まで行くためのおすすめの交通手段はタクシーです。
空港から直接移動できる電車はなく、シャトルバスはありますが、目的地は限られています。
空港から利用できるタクシーにはエアポートタクシーとクーポンタクシーがあります。
旅行者に便利なタクシーですが、フィリピンのタクシーにはいくつか種類がありますので、ご注意ください。

・おすすめはクーポンタクシー

空港内のクーポンタクシーカウンターで先払いするシステムで、目的地ごとに運賃が決まっているため、安心して利用することができます。
空港から目的地への移動手段として一番のおすすめです。マニラ市内までは約500ペソ(約1,000円)です。
※空港内で「Taxi,Taxi」と声を掛けられても無視してください。

・エアポートタクシー

イエロータクシーともいい、メーターで走ります。
このあとのメータータクシーよりも運賃が高く質も良いはずですが運転手によります。
初乗り60ペソ(約120円)で250mごとに2ペソ(約4円)加算されます。
利用する際は事前に目的地まではいくらかを確認してから乗車しましょう。

・メータータクシー

日本のタクシーと同じくメーターで運賃が決まります。
どのタクシーよりも初乗り料金は安いのですが(30ペソ約60円~)、メーターを入れずに走行したり、運賃交渉をしてきたりする運転手もいるので、フィリピン初心者にはおすすめしません。
またこのメータータクシーは空港内にはいません。
現地の人はその安さから空港を出てこのタクシーを拾いに行きます。

2. おすすめの移動はタクシー!
マカティならジプニーやトライシクル!

フィリピンでのおすすめの移動方法ですが、とにかく安全に過ごしたいのであれば、基本的にタクシーがおすすめです。
ホテルが手配してくれる場合は割高ですが、ぼったくりタクシーに遭遇しにくくなるので、安全第一の人はホテルの人に手配してもらいましょう。
また、マカティ市やダバオ市は比較的クリーンで安全な街なので、下記3のジプニーやトライシクルなどに乗ってみたい場合は、ここでトライしてみて下さい。

3.タクシー以外の交通手段のご紹介

・鉄道:

LRT(ライトレール)とMRT(メトロレール)があります。
マニラ市内を観光する場合、LRTの路線が便利ですが、駅からすぐに観光地があるということではありません。
駅のエントランスはボディチェックのため男性と女性に分かれていかなくてはなりませんので1人になるときは気を付けて下さい。

・バス:

長距離バスからミニバスまであります。
マニラ郊外へ行かれる場合には便利ですが、路線が複雑なことと時間がかかるため短期旅行者には不向きです。

・ジプニー:8ペソ~(約16円~)

ジプ二ーは庶民の足でありフィリピンのシンボルです。
タクシーのように手を挙げると止まります。
ジプニーにはルートが書かれていてその区間であれば好きなところで乗り降りができます。
降りる際は天井や手すりをたたいて合図をするか、「para po(パラポ)」というと停車してくれます。
運賃は運転手に手渡しで支払いますが、運転手まで届かない場合は乗客が回して運転手まで届けてくれます。

・トライシクル:5ペソ~(約10円~)

バイクの横に屋根付きサイドカーが付いている三輪車タクシーです。
こちらも庶民の足で近距離に便利です。
最寄りの駅から目的地までに利用する感覚でしょうか。
日本にはない東南アジアを感じることができます。
具体的な運賃は運転手と交渉することが多いです。

4. ペソは細かく持っておいて方がよい

フィリピンでは小銭を細かく持っていると非常に便利です。特にフィリピンでの移動の際にはクレジットカードは使えませんし、おつりを用意していなかったり、おつりを返す気がないなんてこともあります。

5. 安全に旅行するためには?

・タクシーを利用する際は自分でドアの開け閉めをします。

また外からの強盗などの被害にあわないためにも必ずロックしてください。
また窓も開けない方が良いです。
(南米などでも、同行者が窓を開けてカメラレンズを出して撮影してたら、運転手に怒鳴られました。
治安の悪い国では、日本と同じように行動しないでくださいね。)

・鉄道ではスリなどの危険がありますので、貴重品は鞄にしまい体の前にもつなど、身の回りには十分に気を付けて下さい。

下記を押していただけると励みになります!
⬇︎

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

検索サイトと地域情報誌「リビング・イン・ケアンズ」は無料!!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

インターネットで情報収集

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーは、旅行者が最高の旅行を計画できる世界最大の旅行サイトです。

トリップアドバイザーに寄せられた数千万件もの口コミ情報や写真をもとに、 あなたにぴったりの旅行を計画しましょう !

2億以上の口コミが寄せられるトリップアドバイザーでは、 ホテル、レストラン、さらには観光名所についても調べることができます。  

トリップアドバイザー公式サイト

地球の歩き方(インターネットサイト)

私が調べた中で、地球の歩き方サイトの「各国情報」は、なかなか良いです。
同じく、地球の歩き方の海外国内お役立ちリンク集では、様々なリンク先を載せています。
検索サイトで調べるよりも、手間が省けると思います。

リビング・イン・ケアンズ

ケアンズ限定ですが、情報収集のオススメは、リビング.イン.ケアンズです。
リビング・イン・ケアンズをクリックすると、WEB版やPDFをダウンロードできます。

ケアンズでは、ホテルのロビー 、ダイビングショップ、ツアーデスクやインフォメーションセンター 、ショッピングセンターなど各所で配布しています。
日本では、関西国際空港でも配布しています。
無料なところも良いです。

下記をクリックしていただけると励みになります!
⬇︎
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

「地球の歩き方」は安くて定番の情報収集法!!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

地球の歩き方

海外旅行の情報収集は、何を使ってますか?
私はありきたりですが、「地球の歩き方」です。
インターネットもフルに使いますが、定番というか、安心ですし、すぐに見ることができます。
ただ、同じ地球の歩き方でも、電子書籍がオススメです!
理由は、荷物を減らしたいからです。
重たい荷物を持たずに、楽に旅するのが、私流です。
電子書籍に慣れていない方や家族旅行の方は、電子書籍ではなく、通常書籍で下記よりご購入ください。
電子書籍、通常書籍の順に並べています。
お買い間違えのないようご注意ください。

台湾

地球の歩き方 D10 台湾 2018-2019【電子書籍】
created by Rinker

D10 地球の歩き方 台湾 2018〜2019 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

ハワイ

地球の歩き方 C01 ハワイ 1 2018-2019【電子書籍】
created by Rinker

C01 地球の歩き方 ハワイ1 オアフ島&ホノルル 2018〜2019 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

韓国

地球の歩き方 D12 韓国 2017-2018 【分冊】 1 ソウル、仁川と京畿道【電子書籍】
created by Rinker

地球の歩き方 D12 韓国 2017-2018 【分冊】 2 釜山、慶州、安東と慶尚道【電子書籍】
created by Rinker

地球の歩き方 D12 韓国 2017-2018 【分冊】 3 済州島と中文観光団地のリゾート【電子書籍】
created by Rinker

D37 地球の歩き方 韓国 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

タイ

地球の歩き方 D17 タイ 2019-2020【電子書籍】
created by Rinker

D17 地球の歩き方 タイ 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

シンガポール

地球の歩き方 D20 シンガポール 2019-2020【電子書籍】
created by Rinker

D20 地球の歩き方 シンガポール 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

ベトナム

地球の歩き方 D21 ベトナム 2018-2019【電子書籍】
created by Rinker

D21 地球の歩き方 ベトナム 2018〜2019 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

香港

地球の歩き方 D09 香港 マカオ 深セン 2018-2019【電子書籍】
created by Rinker

D09 地球の歩き方 香港 マカオ シンセン 2018〜2019 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

グアム

地球の歩き方 C04 グアム 2019-2020【電子書籍】
created by Rinker

C04 地球の歩き方 グアム 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

アメリカ

地球の歩き方 B02 アメリカ西海岸 2018-2019【電子書籍】
created by Rinker

B02 地球の歩き方 アメリカ西海岸 2018〜2019 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

地球の歩き方 B01 アメリカ 2019-2020【電子書籍】
created by Rinker

B01 地球の歩き方 アメリカ 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

イタリア

地球の歩き方 A09 イタリア 2019-2020【電子書籍】
created by Rinker

A09 地球の歩き方 イタリア 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

オーストラリア

地球の歩き方 C11 オーストラリア 2018-2019【電子書籍】
created by Rinker

C11 地球の歩き方 オーストラリア 2018〜2019 [ 地球の歩き方編集室 ]
created by Rinker

その他地域

紹介した地域以外をお探しの場合は、上記各ショップのバナーをクリックして、地球の歩き方の後に 「国名または地域名」を入れて検索してください。

下記を押していただけると励みになります!
⬇︎

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ