海外ノマドができる仕事って?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ここ数年、フリーランス、海外ノマドというのが流行りだし、安易に海外ノマドを目指す人が増えています。
私はそのことを否定しているわけではなく、むしろ夢や希望を持ち、自分の才を信じてチャレンジしようという精神は、良いことと考えています。
ただ、現実はとても大変で、悠々自適に暮らしている海外ノマドワーカーは少ないです。
月5万円の収入でも暮らせる物価の安いタイなどで支出を抑え、海外ノマド生活をしているケースが多いのも現実です。
注意していただきたいのは、海外ノマドを目指す際に誰でもできるような事を専門分野にしてはいけないという事です。
ちょっと努力すれば誰でもできるような仕事は、参入者も多く、メイン収入にするにはリスクが高いです。
何時間やっても苦にならない仕事、誰でもできるようなものではない得意な仕事をメインにし、誰にでもできる仕事は副業的な収入源と考える方が、スムーズに暮らせると思います。

ここにあげた職種は代表的なもので、他にもあるとは思います。
なるべくたくさんの職種を知って、自分の得意とする職種を何するか決めることは重要です。
自分の得意とする分野、仕事は何かを考え、そのためのスキルは充分か、独学のみでスキル習得できるかを考え、目指すべき職種と、そのためのスキルアップに邁進してください。

Webエンジニア

マークアップ、フロントエンド、バックエンドなどのコーディングやプログラミングを行う仕事です。
参入障壁があり、勉強を途中でやめる人もいるため、競合は多くないようです。
HTMLマークアップはそうでもないですが、プログラミングは他と比べてスキル習得の難易度が高いです。
そのため業界全体でみても人材不足で、数ヶ月の間、スキルを習得すれば案件は多いです。
案件単価はやや高く、エンジニアのスキルによって対応できる案件の幅も変わってくるため、難易度の高い仕事は、単価もさらに高いです。

Webデザイナー

Webディレクターが整理した情報をもとにホームページの見た目の部分をデザインしていく仕事です。
見た目の部分と言うのは、ただキレイに作ればいいといいわけではなく、ホームページの目的を達成するため、またディレクターの意図をくみ取ってデザインに反映させるスキルが求められます。

TechAcademy Webデザインコース

TechAcademy UI/UXデザインコース

Webディレクター

規模が大きめな案件を回したり、複数人での作業で必要になりますが、そうでない案件の場合は営業マン兼ディレクターのディレクターがつくことがあります。
制作の進捗を管理したり、クライアントとのコミュニケーション、マーケティング、仕様定義など制作の上流工程を担当する仕事です。
すでにweb制作のスキルがある人が、webデザインもしくはコーディングである程度web制作案件をこなしてから、ディレクターになるケースが多いです。

イラストレーター

イラストレーターとは、雑誌などの紙媒体やWeb、ソーシャルゲームなどで使われるイラストを描く人のことを指します。
イラストレーターの主な仕事内容は、クライアントの依頼に応じてイラストを制作し、提供することです。
制作するイラストは、ポスターや商品パッケージ、Webサイトや雑誌の挿絵など身近なものが主です。

翻訳家

翻訳家とは、外国語を日本語に訳す仕事のことです。
また、その逆もあり、日本語を外国語に訳すこともあります。
代表的なのは英日翻訳(英語を日本語に翻訳する)ですが、そのほかにもフランス語やドイツ語、中国語、アラビア語など、言語の種類はさまざまです。
翻訳家の仕事は、文芸翻訳、実務翻訳、映像翻訳の3ジャンルになります。

フォトグラファー

画像販売サイトに登録して収入源にしているケースが多いです。
ただ、大手企業の専属フォトグラファーなどは、実際に企業側と打合せや現地撮影が必要なので自由に海外ノマドするというのは難しいです。
あくまでも画像販売サイトで販売したり、写真教室を開いたりして収益を確保することになります。
大手企業の専属フォトグラファーになると収入が圧倒的に多いです。
ただ、最近では一般の人も普通にデジタル一眼レフやミラーレスを持ち、Webサイトに使う程度の画素数の写真ならプロに頼まずに自分で撮るか、著作権フリーの写真をダウンロードして使用します。
そのため、プロのフォトグラファーとして安定した収入を得るには、企業の専属になるくらいでないと厳しいかもしれません。

映像クリエイター

映像クリエイターとは、テレビのコマーシャルや映画、CG技術を駆使したものなど、各種映像作品を制作する職業です。
映像クリエイターは映像制作のスペシャリストです。
テレビのコマーシャルや映画、CG技術を駆使したゲームやアニメ、アーティストのミュージックビデオやゲームなど、さまざまな映像を制作しています。
映像制作専門の企業やテレビ局、広告代理店などで働いており、人気や実力が収入に直結する職業です。
大手企業の正社員や、知名度や実力があるフリーランスの映像クリエイターは高収入を得ることができます。
仕事をする上で特別な資格や免許は必要ありませんが、芸術的なセンスや最新の機器を使いこなすテクニックは欠かせません。
豊富な映像コンテンツがあふれる現代社会において、ますますの活躍が期待されている職業です。

留学エージェント

留学エージェントとは、留学したい人の代わりに留学先の手配を代行する代理人のことをいいます。
具体的には、留学先の選定や入学手続き、滞在先でのサポート、留学後のキャリア相談など、留学に関するあらゆるサポートをする仕事です。
留学は、留学者が全てを一人で進めるのは大変です。
そうした留学に関する不安や手続きのサポートを行います。
もちろん、ビジネスレベルの英語力が必須になります。

以下の職業は、誰にでもできるので、専業には向きません。
または、ブロガーでも自分のブログで仕事をPRして、営業手段に使う手もあります。
まずは、副業である程度稼げるようになるにはどうすべきか、情報を収集してからご検討ください。

ライター

ライティングは文字単価1円以上の案件にすると良いです。
現地でのルポルタージュなど記事にしやすく、実体験を元に新鮮でオリジナリティのある文章を書けるので重宝されます。
ライターもピンキリで、自称ライターというレベルの人から、1記事数万円稼げるレベルの人まで様々です。
最初はクラウドワークスやランサーズなどを利用して仕事を得て、企業側から気に入られれば直接依頼が来るようになります。
ライターはパソコンひとつで、特別なアプリもツールもいらないのでノマドワークと相性が良いです。 
ただし、参入障壁の低さとインターネットの普及率から、ライターが激増していてライバルもいっぱいです。
冒頭で書いたように、誰にでもできる仕事なので、仕事を取るのが難しいです。
安定して仕事が取れる人は、企業に信頼されて直接依頼されるか、社長の目に留まり直接仕事依頼を受けているなど、限られているようです。

ブロガー、アフィリエイター

ブロガー、アフィリエイターとは、企業が宣伝したい商品やサービスを記事にして、提供されるリンクからの申し込みや購入があると企業ごとに決められた報酬をもらいます。
主な収入源は、Google Adsenseの広告収入やASPのアフィリエイト収入です。
収入はピンキリで、少ない人だと月に1万円も満たないけれど、専業でしっかり稼いでいる人はブログだけで月5,000万円稼ぐ強者もいます。
ただ、アフィリエイトだけで生活していける収益を上げている人は全体の23%で、他は収入ゼロ、あっても数万円という厳しい世界です。
私もちょうど1年続けましたが、ジャンルの選び方などが悪く、月2,000〜3,000円の収入です。
こうしたちょっと頑張れば誰にでもできるものは、一定以上認知されて流行ってしまうとすぐに過当競争になりレッドオーシャン化します。
最初は良くても次第に苦戦を強いられることになります。
あくまで副収入を得るサブ的な位置づけとし、メインは独自性のあるものにする方が良いと思います。
また、ブログを作り込んでも昨今のGoogleアップデートでサイトが圏外に飛ばされてしまったり、扱っている広告主が撤退するリスクもあります。
ただ、自分のブログに仕事のネタを投稿して、そこから仕事をもらえることがあるので、営業手段として使うという方法もあります。



デイトレーダー

デイトレーダーとは、株や為替FXなどで安い時に購入し高くなったら売るという繰り返しをして、売買益を増やしていく仕事です。
このような取引だけを仕事にしている人のことを専業デイトレーダーと言います。
専業デイトレーダー以外にも、最近では小さな余剰資金から始める投資も広まってきており、兼業デイトレーダーが増えている傾向があります。
兼業デイトレーダーは、株式市場が開いている平日は本業の仕事をしている人が多いため、24時間取引が可能な為替FXなどの取引をメインで行う人が多いです。
基本的には一日の内に決済し、日をまたぐことはありませんが、中には長期投資をするトレーダーもいます。
株や為替は世界情勢や企業の決算、災害など様々な事象が絡み合い変動するので、常に最新の情報を収集しなければいけません。
パソコンとインターネット環境があればできる仕事なので、自宅を仕事場にしている人が多いです。



YouTuber

YouTuberとは、YouTubeにさまざまな動画をアップロードし、その広告収入によって収入を得ている人のことをいいます。
YouTuberは、基本的にYouTubeのパートナープログラムというものに参加しています。
YouTube上に動画をアップロードすると、視聴数に応じた広告費が手元に入るしくみになっており、その額は1再生あたり約0.1円といわれています。
こうしたなか、YouTuberはオリジナルの動画を次々に撮影・編集し、多くの視聴者を集めることによって収益を上げています。
しかし、世界中で日々更新され続けられる動画の再生回数は平均して「数百程度」といわれており、多くの稼ぎを得られるほど爆発的な人気を集める動画はほんのわずかとなっています。
成功を目指すYouTuberは、人々にウケるネタを考え、そのうえで撮影方法や編集にもこだわり地道にアップロードを続けることで、少しずつ知名度を上げようとしています。
トップのユーチューバーになると年収1000万円を超える水準になることもあるようです。
しかし、ほとんどのユーチューバーは生計を立てられるほど稼いではいないようです。
ユーチューバーの約8割が月1,000円未満の収入であり、月100万円以上稼げる人は数%以下です。
この仕事もブロガー、アフィリエイター同様に、ちょっと頑張れば誰にでもできるもので、一定以上認知されて流行ってしまうとすぐに過当競争になりレッドオーシャン化します。

日本最大級の音楽素材販売サービス「Audiostock」

志望職種を絞り込んだら、その職種、業界をリサーチしましょう。
そのためのスキルレベルが充分か、充分でなければその獲得が、時間的・経済的に実現可能かどうかを精査していきましょう。
今回の記事が、海外ノマドワーカー志望者の参考になれば幸いです。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

海外ノマド生活のメリット、デメリット

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

海外ノマドとは?

「海外ノマド」の話をすると、なんですかとよく聞かれます。
海外ノマドとは、海外を拠点に活動するノマドワーカーを指しています。
ここでいう「ノマド」は英語の遊牧民を意味するnomadが語源です。

「近年、IT機器を駆使してオフィスだけでなく、様々な場所で仕事をする新しいワークスタイルを指す言葉として定着した。このような働き方をノマドワーキング、こうした働き方をする人をノマドワーカーなどと呼ぶ。」コトバンクより引用

定住地を持たず、季節や環境に合わせて、旅をするように生活する働き手がノマドワーカーです。
日本では、カフェでPC広げてる人だとか、好きな場所で働ける人をノマドワーカーと意味する傾向があります。
海外ノマドワーカーというのは、「定住地を持たない」ことが、ノマドワーカー特有の働き方と考えています。
仕事面でも生活面でも、定住地がある・ないでは、ライフスタイルが全く違ってくるからです。

海外ノマドのメリット

海外ノマドワーカーは、もともと海外旅行が好きで、海外を旅しながら収入を確保(仕事が)できる手段の一つですが、当然メリットっとデメリットがあります。
メリットを知っておくことで、海外ノマド直後からパフォーマンスを最大限生かすことができ、デメリットを知っておくことで、開始後に「こんなはずではなかった」という事態を回避することができます。

①メリット:時間や場所に縛られない

海外ノマドの仕事内容は、様々です。
クライアントの拠点がある国と、旅先の時差があることもあります。
そんなとき、働く時間を自分で選べるというのは、大きなメリットになります。
どうしても体調が悪い日など、無理せずに働けるためとっても効率的です。
逆に、体調が良く働く気力いっぱいの時に仕事をすれば、生産性は大幅に上がります。
また、通勤がないというのも、多くの海外ノマドがあげる最大のメリットです。
通勤がないというのは、通勤時間を有意義に使えます。
場所にとらわれない生き方をしている海外ノマドは、ベストシーズンや航空券が安い時期など、それぞれの旅の目的やスタイルに合わせて旅をすることができます。
好きな時に好きな場所にいける生活は、海外ノマドの特権です。

②メリット:旅と仕事を両立できる

海外ノマドは、最初こそ収入が少なく苦労しますが、旅先で仕事するのが習慣化されてしまえば、こちらのものです。
旅好きの海外ノマドワーカーにとって、旅しながら稼げるというのは、最高の生き方です。

③メリット:刺激的な出会いに恵まれる

自分自身の気持ちに素直で、それを実行に移しているノマドに出会うと、良い意味で刺激になります。
海外のコワーキングスペースで仕事をしていると、英語で仕事や旅の情報を交換したりと、英語力も上がって一石二鳥です。

④メリット:視野が広がる

一つの場所で生活していると、どうしてもその場の価値観に凝り固まってしまいがちです。
しかし、海外ノマドとして旅をしていると、訪れた土地の文化を知ったり、海外のノマドと話をしたりする中で、様々な価値観に出会います。
そんな出会いを重ねることで、視野が広がっていきます。
視野が広がると、物事の見方も変わってきて、一つの物事に対し多角的な捉え方ができます。
海外ノマドの場合、自分自身のスキルを売って稼いでいる人が多いです。
ビジネスをする上でも視野が広がるというのは役立ちます。

⑤メリット:節約になる

ノマドワークは「自由な働き方」とばかり注目されますが、実は経済的にも理にかなった働き方です。
まず、オフィスの家賃や通勤費がかからないので、固定費の大幅な削減が期待できます。
また、物価の安い国に移住・滞在して、生活費を大幅に削減することができます。
家賃の高い都心に住む必要はありませんし、近隣のアジア諸国に渡航すれば、食費と宿泊費を合わせて5万円程度で抑えられます。



海外ノマドのデメリット

①長時間の移動はストレスでしかない

夜行列車や飛行機、フェリーなどを利用しての長距離移動はストレスになりがちです。
長距離移動をすると、どうしてもエネルギーを使い、疲労します。
いくら移動中に睡眠時間を確保できても、目的地に到着後、仮眠したくなることもよくあります。
仕事をする時間をうまく確保できずに、苦労することもあり、長時間移動は海外ノマドにとってデメリッットになりがちでしょう。

②自己管理が大変

もちろん、会社員にも自己管理能力は必要です。
しかし、海外ノマドにとって旅と仕事の両立は、思ってた以上に難しいです。
せっかくの休みでも、仕事をしなければならないタイミングがでてきます。
休みで遊びに行った場合でも、仕事をする時間をうまく配分しなければなりません。
自分に厳しくいないと、仕事を後回しにしてしまいがちです。
デメリット①で書きましたが、海外ノマドは海外を転々としますので疲れます。
また、欧米のように日本との時差が激しい地域にいる場合、日本のクライアントから深夜に電話がかかってくることもしばしばです。
海外ノマドをやってる人は、その仕事が好きな人、得意な人、仕事意欲旺盛な人が多いのですが、仕事のしすぎに注意して、肉体的にも精神的にも安定した管理ができるよう注意が必要です。

③孤独

海外ノマドの駆け出しの時期は、非常に孤独なものです。
旅慣れて現地に友人ができても、日本の家族や友人が無性に恋しくなるときがあります。
家族と一緒に旅していれば別ですが、きっと日本や家族が無性に恋しい時があるのは、海外ノマドにあるのではないでしょうか。
駆け出しの海外ノマドの人が、寂しさで精神が病んでしまう話はよく聞きます。

以上、海外ノマドの基本説明とメリット、デメリットを紹介しました。
数年前より、海外にあこがれ、海外ノマドを目指す人が増えてきましたが、難しい部分もあることを書かせていただきました。
これから、海外ノマドを目指す人の参考になれば幸いです。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ