海外旅行が安いのはパッケージツアー【2024年度版】

旅行記、オプショナルツアー、ノウハウ

みなさん、こんにちは!
フリーランスエンジニアのKATSUMIです。
円安や物価高が続く中、海外旅行に行きづらい世の中になっています。
そんな中でも、これまでどうやって安く海外旅行に行ったかを経験をもとに説明します。

海外旅行が安いのはパッケージツアー

海外旅行に行くには、旅行会社の主催するパッケージツアーに参加する方法と、個人手配する方法の2種類があります。
個人手配とパッケージツアーどちらが安いという議論は絶えずありますが、2024年時点ではパッケージツアーを利用するほうが安く抑えられることが多いです。
旅行会社には航空会社とホテルの両方との繋がりがありますので、それぞれについて説明します。

割安な航空会社ウェブ限定運賃PEX

最近増えているのは、各社のウェブサイト予約限定のPEX。通常のPEXは旅行会社からも購入でき、どこで買っても料金は同じですが、この限定タイプは航空会社のオンライン予約のみに適用され、購入期限は同じでも料金が割安になります。
たとえば全日空の「エコ割」にはそれぞれ同社ウェブ限定のタイプがありますが、通常のタイプより平均3%割安です。
旅行会社経由で販売すると、旅行会社への販売手数料(コミッション)が必要ですが、航空会社の直接販売ならその分のコストが削減できます。
自社サイト限定の割安な運賃設定の大きな理由はそこにあります。
日系航空会社では現在、格安航空券に替えて前売リタイプのPEX(正規割引運賃)を広く流通させており、料金もほぼ格安航空券並みにリーズナブルです。

格安航空券IT運賃

PEXとともに特別運賃の中心となるのが「IT運賃」。ITは「inclusive tour」の略で、航空券とホテル、現地での観光などをセットしたツアー(包括旅行)用の運賃です。
日本人の多くがこの運賃を利用して海外ツアーに出かけています。

格安航空券にもさまざまな種類がありますが、一般的な特徴としては、
・片道だけの予約は不可能
(これはほぼ全ての航空会社に当てはまります)
・最低現地で2泊、最高30泊じゃないとだめ
などいった宿泊数の制限
・ホテルと送迎を必ずつけないといけない

最近は早割タイプ(出発間際ほど安くなる傾向にあった従来のパターンとは逆で、早期予約すると割安になるタイプ)の格安航空券も定着しつつあります。

格安航空券と報奨金の関係

格安航空券が流通する理由のひとつは、飛行機の座席は生鮮食料品と同様、在庫をもつことができないからです。
空気を運ぶより、格安でも乗客を運んだほうが売上になるため、低需要期や低需要路線などには大幅な割引料金が出ることがあります。
もうひとつの理由に、航空会社が旅行会社に支払う多額の報奨金(ボリューム・インセンテイブ、キックバック)の存在があります。
旅行会社(主に航空券の卸売業者にあたるホールセラー)は上期(4~9月)・下期(10~翌年3月)のシーズンごとに、ツアー商品造成のため航空会社から大量の座席を仕入れます。
その座席の販売実績(目標達成率)に応じ、旅行会社は航空会社から報奨金を受け取ります。
仮に仕入れ価格を下回る格安料金で航空券を販売しても、この報奨金で補填できるわけです。

ホテルも旅行会社価格がある?

これまで書いてきたのは航空券のお話です。
というのも、海外旅行は航空券の値段がツアー自体の1/3〜1/2程度してしまいます。
だから、航空券の値段を下げることはツアーの値段を下げることに直結します。
とはいえ。ホテルもツアーの値段の大部分を占めるのも事実。
そのホテルってこの航空券みたいな旅行会社価格はあるのでしょうか?
答えは、ありです。
たとえば、旅行会社Aからの予約がとても多かった場合、Aからの予約をもっと増やすためにA社に安く提供しようとホテル側は考えます。
そういうことが実際にあります。

ハワイの料金比較

実際にパッケージツアーと個人手配のどちらが安いか比較しました。
パッケージツアーはトラベルコ、格安航空券はSkyscanner、ホテルはアゴダ で2024年1月6日に検索しました。

日程:2024年4月14日~4月18日(3泊5日)
人数:大人1名(ホテルは2名1室)
空港送迎:個人手配Uber1台(4人まで)÷2  混乗車

パッケージツアー個人手配    
航空券128,750込み
ホテル35,607込み
空港送迎 6,150込み
料金合計170,507119,000
※ 通過は日本円

エビデンス

タイの料金比較

一般的に近距離だと個人手配が安い時もあるそうです。
今度は東南アジアのタイでパッケージツアーと個人手配のどちらが安いか比較しました。
同じく、パッケージツアーはトラベルコ、格安航空券はSkyscanner、ホテルはアゴダ で2024年1月7日に検索しました。
航空券代がLCC(Peach)なので、それほどパッケージツアーが安いというわけではありません。
安ければどんなホテルでもというのであれば、個人手配でも安く上げられそうですが、一応パッケージツアーと条件を同じにしました。

日程:2024年4月21日~4月25日(3泊5日)
人数:ホテルはトラベルコHISと同じトンタラリバービューホテル(スーペリアルーム)2名1室で大人1名分
空港送迎:タクシー1台(4人まで)÷2

パッケージツアー個人手配    
航空券55,020込み
ホテル7,404込み
空港送迎 2,0862,086
料金合計64,51061,886
※ 通過は日本円

まとめ

パッケージツアーと個人手配のどちらで安いという議論が絶えずありますが、2024年1月時点では、パッケージツアーの方が安いです。
遠距離になる方が、さらにパッケージツアーの方が安くなります。
ちなみにですがそういった安いパッケージツアーはトラベルコの価格比較サイトで探すと良いです。

この情報が、海外旅行へ行かれる方々のお役に立てますと幸いです。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
                人気記事