海外旅行が安いのはパッケージツアーかホテル、航空券個人手配か その2

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

前回、下記の「パッケージツアーとは」「個人手配とは」「航空券」の安いサイト、裏技を紹介しました。

パッケージツアーとは

個人手配とは

航空券

今回は、「個人手配とは」「航空券」の続きで「ホテル」からです。

ホテル

航空券に次いで2番目にかかる費用が宿泊代です。
ホテル代を節約するのも、海外旅行を安くするコツです。
ホテルに関しては、本当に宿泊したいホテルによります。
そのため泊まりたいホテルが、どのサイトを強化しているのか、特化して売り出しているのか、調べる必要があるってことがコツです。 海外旅行を安くするために一番時間をかけた方が良い部分です。 どれが良いと言うよりはとりあえず全部調べて一番安いものを予約しましょう。

エクスペディア

エクスペディアがホテルの価格の安いものがあることが一番多い印象です。
そのため、こちらは絶対に外さないようにしましょう。
飛行機とセットだと破格になる割引セールもあるので、ホテルをエクスペディアで予約するなら、航空券もセットで見てみましょう。
ツインベッドやダブルベッド、朝食の有無やエキストラベッドの有無などもしっかり調べられますが、予約ページが見にくいので、予約しづらいのがちょっとマイナスポイントです。
現地払いか日本払いかやキャンセル料の発生期日は必ずチェックしましょう。   

Agoda.com

アジアの太平洋地域を中心に展開を広げている、予約サイトです。世界最大のオンライン旅行会社、米国の『プライスライン』グループの一つで、シンガポールに本社を置いている予約サイトです。
他の予約サイトに比べて、低価格で驚くような金額でホテルに泊まることができます。
使い方も分かりやすく、豊富なレビュー数が魅力と言えます。
ホテルの掲載数は世界中に約75万軒あります。
会員登録をすると、予約時に入力する手間も省けるし、ポイント制度もあるので有効に活用できるのも魅力です。
アゴダは特にアジアのホテルに強いので、アジア圏への旅行ならアゴダがおすすめです。

オプショナルツアー

オプショナルツアーを利用するかどうかは、場所にもよります。
基準としては、

  1. 【労力と時間の削減】何度もバスや電車の乗り換えが必要なとき(事前に乗り場、移動経路を調べる+現地でも探す労力、時間が必要)
  2. 【現地での効率化】目的地が複数あるとき
  3. 【現地での効率化】チケットの購入や入場が必要なとき(並ばなくて済む)
  4. 【付加価値】歴史や文化の説明が聞きたいとき(面白さ倍増)

の4つです。

これが当てはまれば、オプショナルツアーに申し込みます。
結局、人件費がかさんでしまうので、普通に自分で公共交通機関を使う方が安い場合もあります。
もし、オプショナルツアーを利用するのであれば、

・英語ツアーに参加する
・現地で申し込みする

方が安いです。
具体的には、①ホテルのツアーデスクを使う ②現地のチラシなどから探す
です。

でも、英語ではなく日本語の説明が必要な場合が多々あります。
そんな時は、VELTRAやタビナカ などが海外オプショナルツアー予約サービスとしては有名です。
下記2社を検索して、安い方をお選びください。

VELTRA

VELTRAは、14,000種類以上の海外オプショナルツアーを予約できる現地ツアー専門サイトです。 観光ツアー、世界遺産観光、マリンスポーツ、ダイビング、ゴルフ、スパ・エステ、ディナークルーズ、ショーエンターテインメントなど海外現地で参加可能な幅広いジャンルが充実しております!

1.サイトの見やすさ、使いやすさ
とても見やすくて、使い勝手が良い。

2.ポイント制度
利用都度、ポイント加算されて次回利用時に割引が可能(貯めることもできる)

3.評価制度
実際に利用したあと、クチコミの投稿が出来る。
また、利用前にクチコミを確認しておくと、心構えが出来るので過度な期待をせずに済んだり、納得して利用できる。

4.モニターツアー
2名参加で1名分の料金無料!」という商品がある。
抽選など倍率の高いツアーではなく、タイミングさえあえばごく普通に申し込める。

5.大きな割引商品
複数の商品を利用したら、こちらが無料になるよ、というキャンペーンもある。
たとえば、「対象のツアーを申し込むと、Wi-Fiルーターが無料」などです。

タビナカ

フィリピン/セブ島、インドネシア/バリ島、ベトナム/ダナン、メキシコ/カンクン、台湾/台北は、得意とする地域なのでタビナカ よりお探しください。

1.全てのツアーが日本語ガイド対応
予約から当日まで日本語ガイドが対応。
面倒な手続きや外国語のやり取りが不要なため、
外国語が苦手な方でも現地ツアーに参加できます。

2.事前アレンジ可能
ツアーによっては、立ち寄り場所やお時間のアレンジもできます。
他では味わうことのできない、オリジナルな旅をつくることができます。

3.定番から穴場まで、豊富なツアー数
ずっと行きたかったあの場所から、見た事もない絶景まで。
タビナカでは、現地在住の人だから知っている様々なツアーを気軽に体験することができます。

最も安い海外旅行の外貨両替方法

セディナカードかセディナカードJIYU!DA!で海外ATMよりキャッシングするのが、最も安くお勧めです。
セディナカードなら、手数料すべてを安くできます。
詳細は、下記記事をご参照ください。

最も安い海外旅行の外貨両替方法

安い海外旅行 フィリピン セブ島モアルボアルでウミガメ、ジンベイザメと泳ごう!準備編

海外旅行保険を安くする方法

高額ではありませんが海外旅行保険はクレジットカードについている保険でカバーすることができます。

すでにクレジットカードを持っている場合は、そのカードの旅行保険でOKですが保険が自動付帯か利用付帯かについては、チェックが必要です。
また、高齢者を除けば、治療費用が500万円以上、救援費用が300万円以上あれば、ほとんどのケースを十分カバーできると考えてもいいです。
そしてこの金額であれば、1枚のクレジットカードですべてを賄うのは難しいですが、複数のクレジットカードを保有すれば十分に補償できます。
アメリカ(ハワイ含む)はカード4枚、ヨーロッパは3枚、アジアは2枚といったところが目安です。
※ニューヨークで、急性虫垂炎で入院し、手術後腹膜炎を併発して8日入院したケースで7万ドル(約783万円)の治療費が請求された事例があります。

「疾病傷害費用」の保険金額の高いクレジットカードや詳細に次いては、下記サイトをご参照ください。

安い海外旅行には海外旅行保険付帯付クレジットカードで節約!

今回の「安い海外旅行へ行くには その1」「安い海外旅行へ行くには その2」は以上です。
ぜひ、海外旅行の費用を節約するために役立てください。

下記を押していただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

アバター

投稿者: katsumi

毎年、海外旅行に行っており、世界17カ国を回りました。 いろんな失敗も経験済みです。 タクシーで遠回りをされたり、チップをくれと蛇行運転されたりしたこともあります。 国によって注意点とか、常識、宗教、スマホ事情などが違います。 イスラム教の人達は、異性と肌が触れるのが駄目なのか、飛行機の席の交代をお願いされたことがありました。 事前に知って、準備をしていれば、きっと楽しい海外旅行になるでしょう。 海外旅行を通して外国のことを知ると、日本の本当の良さを知ることになります。 安く、楽しく、後悔しない海外旅行をしたい方、すでに海外旅行経験済みの方と情報交換したいです。 ここでの情報で、海外旅行へ行きたい、行って良かったという人が増えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。